捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2017年03月10日 (金) | 編集 |
実は留吉
水曜日の夜から 何度も何度も 吐いて下痢 を繰り返し
食欲もなくなり 水も受け付けん(吐いてしまうので)
吐く下痢をする以外は箱座りでひたすらじっとしていたのでな

病院さんで診てもらった

自宅で何かを誤飲してしまったような心当たりもなくてな・・・・・


触診レントゲン血液検査をしてもらったが問題はない
発熱もないので
「急性胃腸炎」 でしょうと

皮下点滴と吐き気止め下痢止めの注射内服薬をいただいて帰宅した
20170309 (7)
20170309 (9)



でっ

受診当日は  
ほぼ寝て過ごし吐き気は止まってくれた 飯は数口のみで「もういらね・・・・」っと

翌日      
さほど食べたくないようで少しだけ食べてはやめる 
食べても吐かないが やっぱり1日のほとんどを寝て過ごす

で今日     
ようやっと 食欲が出て 吐き気もない うんちは柔らかいが形のあるものが出た
まだ全快とまでは行かんようだがな(他の子が遊んでいても寝ているのでな・・・)
確実に良くなるつつあるでよ


201703101 (19)
201703101 (21)
201703101 (22)
201703101 (23)
このまま薬飲み終わっても 調子よくいてくれてるといいんだがな・・・
ねぇ~~留ちゃん。



           




スポンサーサイト
2017年01月29日 (日) | 編集 |
寒い日は・・・・
父ちゃんの腹布団が恋しくなるんです
なんせほのかに温くて 良い弾力だもんなぁ

20170126 (12)
留吉「しゃーわせ しゃーわせ」
20170126 (13)
留吉「ぬっくぬく ですのよ~~ぬっくぬく」
20170126 (14)
留吉「うっ? 何見てんの?
    あのなぁ~~いくら母ちゃんでも ここは譲ってやんねぇ~」

ぷっ 譲ってくれなくて結構 そこにおり

寒いといろいろ幸せが増えていいこった
2016年11月05日 (土) | 編集 |
まずはお礼から
20161104 (4)
ニコちゃんのお家から
たくさんの猫砂 シート タオル類 ヌクヌク毛布をいただきました
ありがとうございます
毎日毎日使うもの助かります
タオル洋服毛布類も
最近いろいろと汚してしまう事が多くなったレオさんなので
こちらも本当に助かります 使わせていただきます
ありがとうございます



ここからは我が家の事
今日は正しいトイレの入り方(大きい編)
20161104 (9)
留吉「まずはこう!!」
20161104 (8)
留吉「そしてこう!!」
20161104 (7)
留吉「要チェックポイントは右後ろ脚をふちにかけて
    遠くを見るべし見るべし見るべし !!
    踏ん張りやすいしな 何よりかっこいい
    母ちゃんも真似してもええぞ」

留吉よ・・・・・・できれば・・・シッコもトイレでしてくんねえかな・・・・・・
   
    
さてさて レオさんです
見た目は元気で食べる気もあるんだけんど
食べる量がだいぶ減ってきているんだよなぁ

さて今日はなんだったら食べれるじゃろうかのう?
っと日々試行錯誤中   
20161014 (23)
20161014 (22)
何が食べたいかのう れおばあちゃん
2016年06月21日 (火) | 編集 |
この間1日入院した留吉
その後は絶好調で毎日マーキングにいそしんでおります

がっ
このバカ尿し放題をみて 「おしっ今日もシッコが出ていてよかったぁ~~よ」
なんて思う日が来るなんぞ誰が予想しただろうか(笑)
とにかくシッコでていてくれてよかったなぁ~~留吉

余談だが
20160614 (42)
留ちゃんはきれい好きで
20160614 (41)
暇さえあれば自分磨き
20160614 (40)
こんなに身なりを気にするのに

シッコ臭いはきにしねえ・・・・・・・・・
ちっとは控えてくれると 母ちゃん助かるのだがな。。。。。。。。。。



2016年06月15日 (水) | 編集 |
実は留吉入院してました

飯は変わりなくがっついて食うが
頻回にトイレにはいくが シッコが 全くでなくなっちまった
月ちゃんがいたころからマーキングが始まった 男だぜの主張も
体制は取るけれどシッコが出ない
(余談ですが 我が家の猫たちはすべて避妊去勢手術済あるんだけれど・・・
 多頭飼やね 手術をしていない女の子の発情中の良いにおいをかぐと突然始まることがあるんですなぁ
 留吉はそれ)


大変大変っと病院へ
石が尿道に詰まって全く排泄できなくなってしまったようで
膀胱に管をいれたままの状態で 点滴を続けてやるのと膀胱内の洗浄を行うため
3日ほど入院をさせることに
連れて行くのが早かったのが幸いで血液検査場では異常が見られんかった

そのまま預けていったん帰宅
夕方様子見に行ったら
先生から「だいぶ興奮していたので管を入れたり点滴をするときに軽い麻酔をするようでした」っと
入院室に行くとな
面白くないと猛烈に怒ってる留吉
誰かが通っても威嚇 何かの気配を察して威嚇 おまけに私にまで威嚇
私だってどん引きするぐらいの迫力だわ・・・・・
「この勢いだと管を自分で抜いてしまいそうなので明日早いが返す方向で行きましょうと」
先生 スタッフさん・・・・・・本当に本当に申し訳ない・・・・・

それでも母ちゃんのにおいをかいだら少し落ち着いたのか
用意してあった飯をがっついて食いだした ちょい怒りながらそれでも食う(笑)
こんな時にもしっかり飯は食うなんぞさすが我が家の子だわ

明日迎えに来るから頑張りや っと言い聞かせたのが良かったのか
ここはもしかしたら大丈夫と認識できたのか
翌日は威嚇もなく処置も麻酔なしで行えたそうです
良かったよかった
落ち着いたけれどやはり予定とおり本日退院ということで・・・・
お迎えにいくと いつもの留吉戻っていた

膀胱内の洗浄も十分行えたのでたぶん大丈夫だと思うが
再発のリスクも十分考えられる為
石ができやすい体質のため治療食を開始することになりました
「ロイヤルカナンのPHコントロール1」
20160616 (2)

これをしばらく続けます

帰宅後
しばし家中を見回りしてまわり 兄ちゃん姉ちゃんたちに挨拶をし落ち着いた
20160616 (9)
20160616 (10)
20160616 (11)
点滴をしてもらっていたのでちょいハゲ

お疲れちゃん よう頑張った頑張った
退院して 2日 絶好調でマーキング再開いたしました

フードで何とか石ができにくくなってくれればいいんだけれど・・・・
何より助かるのは 治療食をいかにもうまそうにガッついて食べてくれる事(笑)