FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2019年07月04日 (木) | 編集 |
この子の家族になってくれる方を探しています
(再投稿です)
20190528 (10)
2017年9月頃生まれの若猫さんです
キジトラ白の女の子で
幸せのカギしっぽ
避妊手術済み (2018年12月に手術)

性格は 穏やかで
少々怖がりサンのようですが 少し慣れると 甘えてくれる子のようです



今回
この子を 里親募集をいたします理由は

もともと 外暮らしをしている子で
御飯のお世話や不妊手術をしてくれる方がいますが


今年2019年4月後半に 右前足を負傷してしまい
今現在も病院で治療中です
傷自体は良くなりつつありますが
右の前足にハンディが残ってしまいました
20190528 (12)20190528 (8)


(今現在の獣医さんの診断は) 
 今の状態できれいに傷がふさがれば 右前足の切断はしないで大丈夫そう
 ただし
 傷が完治したあと 今まで通り 外で生活をするには 
 どうしても右前足の甲を引きずっての歩行となるため
 傷ができてしまっても気づいてやることが遅れてしまう 
 そのため 
 できれば 室内で今後は生活をしたほうが良い  
 とのお話だったそうです 


今現在は お世話をしてくださっております方が
一時的に治療のため室内で保護 お世話をしてくれていています





完治した後の この子の生活の場は
 
お世話をしてくれている方のご自宅にもすでに保護猫達がおり
この子を迎え入れるのは難しい状態で
元の外生活に戻ることになってしまいそうです 




どうか お願いです

力を貸してもらえませんか?

まだまだ 先が長い 若い猫さんです
右前足のハンデはありますが 自分の事は自分でできます

この子が 安心して暮らせるばしょを
そして この子を 家族として迎えてくださる方

チッチーズまでご連絡ください
080-5091-3032

注)大変申し訳ございませんが
 お届け等の関係で 埼玉県内にお住まいの方
 また 譲渡条件にご理解をしていただいた方が希望です
(譲渡条件内容はチッチーズHPよりご覧いただけます)




・・・・ここからは最新記事です・・・・・・

先日様子を見に この子に会ってきました

今現在は傷はだいぶ良くなり
お世話をしてくださっている方には甘えん坊になってきているそうです
日常生活は前足にハンデーはありますが
全く問題ないようです。

20190702 (25)20190702 (27)



そしてこの子も
20190702 (16)20190702 (20)
2019年4月頃生まれ(生後3か月齢) の男の子
しっぽはまっすぐで長め
頭や足に縞模様あり

性格は元気でやんちゃだそうです

上記猫さんが暮らしているところで 
他の母猫が生んだ子で
お母さん猫さんがお世話をしてくれていましたが

ひどい風邪をひいていたため子猫を 保護してくれたようです

子猫は2匹いましたが
残念ながら治療の会無く 1匹は助かりませんでした
この子は
治療のかいがあって 元気に育ってくれています
 
今後は家猫として暮していけるようこの子も里親さんを募集いたします。

今後 猫白血病 エイズ検査屋7ワクチン接種予定です

















スポンサーサイト
2018年12月30日 (日) | 編集 |
本日・・・・・12月30日 午前9時43分・・・・・・・・・・


「じーさん」をお空へ送り出しました


あのね・・・・あのね・・・・・・


我が家にきて少しずつ飯食うようになってな これならば


もしかしたら 本当に このまま  数か月や 数年は 


ヌクヌクのお部屋で日向ぼっこしながら 御飯普通に食べて


甘えんぼな人が大好きなこだったゆえ


お膝で寝たり  抱っこもたくさんしてもらって そんでもって夜は添い寝もしたりして


スリスリゴロゴロでフミフミな


ご機嫌で「幸せ幸せ」な日がな おくれるのかもしれん



っとおばさんは おもっていたのだよ



それがね・・・・・・・





28日


夕方6時のごはんはモリモリたべトイレもちゃんと自力でいっていた


お顔綺麗にしてお薬付けて ヌクヌクベットに横にしたら



満足そうに喉を鳴らして横になり ご機嫌で足ぐーぱー



そのうち静かに寝息を立てて満足そうに横になってなぁ



安心して


ゲンちゃん最後の抗がん剤治療の為 1時間半ほど留守にして帰宅したら



失禁しててなぁ・・・・・・・・


おばさん「なんで~~~~あんたどうしたん?どうしてこんなことになった?」



ってどうしてが頭の中グルグル回ってなぁ・・・・・・



もう病院さんやっておらん時間でなぁ・・・・・・・


何とかなんとか 持ち直してほしくて



必死で 体温めて 必死に お名前呼んで 



必死に 神様に 「この子は 苦労して やっと家猫生活を送り出したばかりなのです


できる事なら おばはんの命をどうかどうか この子に少しでも分けてくれてもいい


もう少しだけ幸せな家猫生活を送らせてもらえんだろうか・・・・・っと



心から願いなんぞしてみてな


付きっきりで 側に居たのだけれど



そんでもって



翌朝 病院さんで見てもらったんだけれど・・・・・・



もう・・・・手の施しようがない状態でな・・・・・・・





我が家に来る前の生活で ご飯はもらえていたけれど


過度のストレスがかかる 過酷な外生活で もうすでに



思った以上に体にダメージがあったようでなぁ・・・・・・・・・・



これ以上は。。。。。この子をただただ苦しめてしまう治療になる。。。。。。。かもしれんと








保護した当日はすでに失禁があったぐらいだからな 



もしかしたら数日で送り出すかもしれんと覚悟して我が家に迎えたのだけれど


病院さんでの治療で



結構な量 ご飯が食べれるようになってなぁ 1週間もご機嫌でいた



今考えると そのこと事態が 本当に 本当に




奇跡だったのかもしれん・・・・・・・


20181229 (1)20181229 (5)

最後はね。。。。。。



最後のその時は      私の腕のなかで



もう声が出なくて それでも 「にゃぁ~~」っと3回鳴いて


静かに 静かに まるでろうそくが消えるように 苦しいも痛いも無く 本当に穏やかなお顔で


空へ旅だって行ってしまいました


最後の最後まで わがままなんぞ一切言わず 治療もいい子にさせてくれて


本当にいい子だった



贅沢言えばね。。。。。ほんの少しでもわがままが言えるぐらいになるまで


。。。。。。。。。。。側に居てほしかったよ。。。。。。。。。。。




あっという間でね   心の整理がまだつかん




もっと早くに保護ができていたなら



もっと何かできる事があったのかもしれない



もっと長生きできていたのかもしれない




側に居る事だけで なんもできんかった ごめんね・・・・・・



おばさんは自分の無力さに 後悔が 押し寄せてくるのですよ




共に過ごした時間なんぞ関係ないんだな



小春姉さんや テトを送り出した時と同じ



心が悲鳴を上げています




それでも




あなたを看取る事ができた事




ほんの短い時間だったけれど



清潔な 暖かい寝床や暖かい御飯 を食べれた事


抱っこしながら沢山いい子だねぇっと言ってあげれた事 



お膝の上で喉御鳴らしながらお昼寝ができた事




それだけは・・・・良かったとおばさんは思うのだけれど



「じーちゃん」は    そんな風に思ってくれていただろうか・・・・・・・







「あさぎさん」もそうだった




外で暮らしている子達は 自由なのかもしれない


好きな場所で寝て 好きな時間に好きな場所に行く


それはそれで 幸せなのかもしれない



けれど その    自由と引き換えに  いつも死と隣り合わせの自由



寝床や御飯が食べれる場所や 雨風を防げる場所の


猫同士の縄張り争い で 負った傷が致命傷になったり命を落としたり


体調を崩したとしても ただひたすら人目に付かない外敵にみつからない場所で



回復するまでじっと隠れて 待つしかない


けれど 回復できずそのまま 誰にも気づかれもせず死んでゆく命


道路に飛び出してしまい事故にあって 死んでしまう命



生まれてすぐに 父親以外のオス猫に 殺ろされてしまう命



自分の子を守るために 必死に戦い 命を落としてしまう母猫もいる


で 母猫がいなくなれば生きていけない子猫たち・・・・・・・も命を落とす



母猫とはぐれて生き残っても カラスや狸に襲われて なくなってしまう命もある









沢山の命は生まれているけれど 



それと同時に




       いったいどれだけの命が
              

                 人しれず 亡くなっているのだろう?










2018年06月18日 (月) | 編集 |
さていろいろあってな
今更なんだけれど
猫母さんと子猫たちの 名前決めていなかったのを昨日気付いた(笑)

で名前(仮)決まりました

20180616 (62)20180616 (63)
黒白母さん=柊(ひいらぎ)
小柄なお母さんで
スリスリのゴロゴロのぬりぬりィ~~の甘々さんです

20180616 (25)20180616 (24)
黒君=薫(かおる)男の子
黒にうっすら縞模様が入ったおしゃれ仕様なの
うっすらどんくさいような気がしてならない・・・・・・
500㌘超えました

20180616 (45)20180616 (40)
ミケちゃん=葵(あおい)女の子
かわええミケ柄です
この子「ぴやーーーーぴやっ?」(時々疑問形)と よ~~っく独り言を言っておられる
鼻歌的な?独り言的な?女の子だもんねぇ~~
450㌘超えました

葵ちゃんの体重が500㌘超えたら
2匹揃って 検便予定です


薫くん葵ちゃんは5月中頃生まれ
今は 離乳食と柊母さんのおっぱい3対1ぐらい
そろそろおっぱいは卒業させたいんだけれど
柊母さん 猫っ可愛がりの子育て上手で
歯が生えているので痛いと思うんだけれど
今もせっせとおっぱいを飲ませてくれている

まあ 今のうちだけだわさ 甘々に甘えてたくさんおっぱい飲んでおきィ~~~









さて「ゲンちゃん」です
今日は食べ物あまり食べたくないようでな
チュールを半分ぐらいと ちびっこフードを少し。
いろいろ食べれそうなものを試してはいるんだけれど

ほぼ寝ていることが多くてな・・・・・
私の 気配を感じて目を開けるけど そのまま目を閉じる。。。という具合
ダルさはまだまだ続いています

呼吸は まだ少し荒いがね 
足を延ばして横になって寝れるようになったので
少し楽になってはいるんだと思うんだけれど・・・・・



抗がん剤の副作用の吐き気や嘔吐はなくって
先生から2~3日はあまりご飯食べなくなるかもと言われていたんだけれど

明日も あまり食べれんようならば病院へ行こうかね・・・・ゲンさん















2017年10月07日 (土) | 編集 |
さて今日は子猫達
これまでの経過と 少しご紹介を

まずは2匹共に同じ事

2017年7月中頃生まれ(現在2か月半程)の男の子

レボリューション済み(9/19) 
検便済み(9/19)
ワクチン接種済み(10/5)初年度のみですが 2~3回のワクチン接種が必要です
(1回目は我が家で済み 譲渡日によって2回目も接種してのお引渡しします)

今後は 血液検査(猫エイズ白血病) と 再検便 予定です

去勢手術については 今年12月か年明け早々の 生後8か月ぐらい予定
避妊手術については 生後8か月に
必ず行ってください
(こちらは かかりつけとなります獣医さんに「タマタマ」の大きさ等の 
 状態を見てもらって去勢の手術日を決めてもらってくださいませ)


仮の名前も付けたでよ

名前(仮)「なつな」
20170921 (82)20170921 (44)
風邪による内服と目薬は 完治したため終了しております
ただいま離乳食からカリカリフードを食べる練習中 (食事回数は1日3回)
だいぶ上手に食べれるようになってきたぞい♪
カリカリがうまいっと食えるなんぞ大人になって
余談だが なつな は食事は 集中食いをしてくれるので助かるんだなァ


みつみの姿が見えなくなるとな
「みぃつゅみぃ~~どこでしゅかァ~~~みぃ~つぅ~みぃ~~~」っと
でっかい声で ひたすら泣く泣く
ぷっ寂しくなっちゃうんだよねぇ~~
でも チャレンジ精神は「みつみ」よりあるようで
気合を入れていろいろ試してはみるが
どうも 空回りしちまうようで・・・・
まあ あれだな・・・ゆっくり行こうぜ先は長い♪




さてこちらは

名前(仮)「みつみ」
20170921 (33)20170921 (29)
風邪による内服薬は良くなってきたので終了になったのですが
目薬は まだ右目に濁りと角膜に小さい傷があるため
右目だけ目薬(1日3回)継続中です
(そんでもだいぶ良くなってきたので
 見た目にはほとんどわからんぐらいになってくれています。)
今はこのお写真より良くなってるよ~~

ただいま離乳食からカリカリフードを食べる練習中 (1日3回)なんだけど
カリカリ よか 離乳食のほうが圧倒的に好き
「そこのちびっこおばちゃんと一緒にカリカリたべてみない?」
っとお誘いしたところで・・・・食ってくれるわけもなく
カリカリ食べたら うまうま よぉ~~作戦で何とかごまかしごまかしな~~
しかも 食い気より他に気が奪われるので
飯ちょっと食ってはフラフラと戻ってきては飯食って
の放浪食いタイプ(なんともめんどくせェ・・・・(笑))

みつみ は 嬉しくてもびっくりしても シッポがボッっとブラシッポ
怖がりなのかと思いきや意外と考えずに突進して
おばちゃんをびっくりさせる
まあ あれだ  ちっとは考えて行動せい!!
毎回 見てる私がドキドキすんねん 


毎日確実に元気に大きく成ってくれています



2016年03月27日 (日) | 編集 |
保護子猫さん 熱下がりました
ご飯の食いつきも復活しました
ごしんぱいおかけしました

さて人馴れ修行進んでおりますが

毎回保護べやに行くとね
いつものご飯くれるおばちゃんと確認できるまでは
20160326 (5)
まず 目を消して合わさず 見ないふりをする
耳は必ずイカ耳な 時々「シャー」もあり
20160326 (17)
それでも手を伸ばされると 
「私はいません 見えてません」っと言わんばかりに固まる・・・
20160326 (18)
指の匂いを嗅がせると。。。。「いつものご飯のおばちゃん?」っと認識をする
20160326 (6)
そんでもって 触られ始めは 撫でさせるけど 目はあわせちゃいかんっと思い
目が泳ぎまくる(笑) 
20160326 (8)
それでも 撫でられてだんだんきもちいいことが分かると
20160326 (10)
目を細めて ゴロゴロ喉を鳴らし ゴロンまでひろうしてくれるようになった


が 時間を空けて様子を見に行くとな
ま~~た最初から同じことを繰り返すんだなぁ~~

「人は怖い」から 「ちょっとだけ人もいいかも」に格上げになりました