捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2017年10月19日 (木) | 編集 |
さて10日に1回の点滴の小春姉さん
201703101 (1)
体重も変わらずいてくれて 腎臓食もおいしく食べてくれて
お散歩も楽しくてな 体調いいんです。

でなっ 点滴は どうしてもやっとかなきゃいけないんだけれど
(命にかかわるからな・・・・)

前にも書いたけど

小春は病院が苦手で苦手で 何としても 苦手で 苦手
待合室では震えまくり みんなに心配され
診察室では診察台に乗る前から「いや~~~~~っ」っと雄たけびを上げまくり

先生にあ「申し訳ねえっす」っと毎回丁重に母ちゃんが頭を下げ
「これに懲りずに点滴してやってください」っとお願いをして帰宅が
点滴日のルーチンだった

だった

そう!!だったのである

今の小春は 13歳にして 「病院嫌い克服」出来ちまったぁ~~すげーぞ小春
今じゃ待合室でいろんな人に褒めてもらえるんだよねぇ~~
しかも診察台の上で雄たけびいっさいあげんくなったんだよねぇ~~
201703101 (2)

以前の小春の「ビビりっぷり」に
どうしても 病院に行かねばならぬのならば・・・・な

少しでも 小春のストレスにならんように 怖くないように
ならんものかっと試行錯誤したわけよ


私がしたことは 病院行く前にな 

散歩時間長くして(いつもの倍)疲れていれば 少しは気がまぎれるか?とか
病院以外でも 車でお出かけして
「ドライブは楽しいところへ行く物でもある」と思ってもらう とか
診察台の上に上がったら「うまい物」がもらえる「いい場所」 とか

そんでもって何より大事なのが
擬人化せずにね 
犬として ちゃんと理解して 苦手を克服させてあげる手助けをしてあげる事!!
だろうか・・・・・。


でもってこれを続けていたら
少しずつ少しずつ 「病院はそんなに悪くねえ うっまいもん食べれるとこ」
っとまんまと私の作戦勝ちとなったわけさ

病院が苦手だから

毎回あまりにも怖がるのが 見てるのもつらいし
かわいそうだから 病院に連れていかないようにする?
もう年だからどうしようもない?
今更改善なんかできっこない?

っと考える方が圧倒的に多いと思うがな

私は思う


病気の事は 
こっちは 信頼している先生にな 任せるしかない。

けれど 病気以外の 診察中の精神的な部分では
いくつになっていても その子のために 
私ができることはあるわけでな
ちょっとした工夫と 考え方を変えるだけで 克服できることもあるんだぜぇ~~
 
「あきらめねえ~~こった!!」
ってねっ。
201703101 (3)
「おほほほっ 病院なんて今やあたしの小腹を満たしてくれる食堂よ♪」っと
小春もいっております









スポンサーサイト
2017年06月28日 (水) | 編集 |
最近の昼夜の温度差と 湿気と はっきりせんお天気が続いておりますが
小春姉さん(あっ ばあちゃんだな・・・)

変わらず
10日に1回の点滴 と ロイヤルカナンの腎臓食だけで
落ち着いています
お散歩もウッキウキで行くでよ♪

よく歩くので 腹も減り 良く食べ そして ほれぼれするぐらいの快便。

まあそりゃ~~寝ている時間は長くなったし。
耳も遠くなったし
お散歩中 張り切って歩くいて 足がもつれちまうことも多々あるけれど

でもまあ ゆっくりゆっくり 可愛い ばあさんへの道をすすんでくれています
(レオさんも最後の最後まで 無敵に可愛いばあさんだったなぁ~~)

20170623 (9)
20170623 (10)
20170623 (11)
点滴に病院さんに行ってもな 
拍子抜けするほど いい子でなぁ 
母ちゃんの「食い物でつったら怖さより勝るんじゃね?作戦」が効いてくれていてな

2か月ほど前まで 
診察台の上で みんなが心配するほどの「悲痛のおたけび」をあげていた子と
同じ子とは 誰も思わんだろうて(笑)

こりゃまた ええこった

後は徐々におやつなしで点滴にトライだな

しかしまあ あれだ
診察台の上で点滴されながら物が食べれる子はあまりいないんじゃねえかと
怖さが勝って食べ物どころじゃねえちゅうもんだろうに。。。。

年を取ったらいろんな意味でおおざっぱになるのかにょ?

ねえ小春
2017年05月11日 (木) | 編集 |
さてワンコ組「小春」と「こうめ」カユカユシーズンが今年も始まりつつ
(毎年春頃と秋口にカユカユシーズンあり かゆみ止めのお薬を1~2か月程服用します)
201703101 (4)
201703101 (5)
201703101 (7)
201703101 (8)
この時期的なアレルギーと思われるかゆみ
これは治癒するものではない為 今後もかゆみのひどくなる時期に
お薬でかゆみを抑える治療が必要です

それでも お薬1つで抑えられているうちはまだいいほうで

なるべくお薬は使用したくないのだけれども
それでも ひどくならないうちに かゆみを抑えてあげえたほうが
本人にはきっと楽なんだろうと思う

(病院の先生のお話では その子の体重に合わせて本当に必要最低限の量で処方してもらっている
 この量では体の負担は少ないという量でかゆみが少し良くなってくれるのは いいことだ!!)
っと考えている

夜も眠れずかゆみで起きているのは 
きっと凄い辛い事だと思うからな・・・・。

アレルギーは治癒はできん 故に 上手に上手に アレルギーに付き合ってゆかねばならぬ
これは人と同じだな・・・・

いまちょいと密集率が高い我が家

なるべく 人が抑えてあげれるような ストレスが無いようにっと
思うっているのだけれどなぁ~~








2017年03月06日 (月) | 編集 |
小春はねぇ~~
父ちゃんから帰るコールがあると
玄関でお帰りを待つのです
(私の時は気づかず寝ていることが多いというのに 偉い違いだな・・・)
20160823 (8)
「小春 待つぅわぁ~~ いつまでも待~~~つわぁ」
20160823 (9)
「もうじき父ちゃんが帰ってくる♡」
20160823 (11)
「はず・・・・・・なんですけど・・・・・帰ってこねえっすね・・・」
ああ いつも言うが・・・・・・
電話があってから 30分後ぐらいに帰ってくるだろうに・・・・・・
ちょっとは要領よく直前に玄関に行っていつまでも待っていましたぁ的な
事でもすればいいのになぁ

見てみろ うめちゃんなんて玄関ドアが開いてから
「あっダンナ お帰りっす」ってお出迎えするだろうに
(うめちゃんも母ちゃんの帰宅時はぐっすり寝ているがな)


お礼です 
20170306 (4)
たくさんの猫砂 ペットシートをニコちゃんのお家S様より
20170306 (1)
新聞やトイレットペーパー お野菜を みかんちゃんのお家H様より

いただきました
いつも使うもの本当に助かります
保護している子たちに使わせていただきます
ありがとうございます。。。。。。
2017年02月03日 (金) | 編集 |
20170116 (11)
プリティ~~な ケツ
20170116 (12)
小春姉さんのおケツ
20170116 (15)
小判兄貴のケツと 小春姉さんのケツで 2ケツ
20170116 (16)
でもって 振り向いた顔は こんな顔(笑)

小春「母さんへ・・・・前々から 変態ナノは十分知っていたが
    ・・・・ケツばっか撮らんといてください・・・・・・・」

母さん 犬に 真顔でさとされる(笑)


小春姉さん すこぶる調子がいいです
飯もうっまいんだよねェ~~