FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2012年07月01日 (日) | 編集 |
25日の月曜日夕方
ワンコのお散歩中 近所の藪の中から「ピイピイ」とまるで
「お母ちゃん~~おかあちゃ~~~ん助けてェ」
っと叫ぶように大きな声で必死に鳴く声 あれ?猫かもしれん
声はすれど母ちゃんの腰のところまでもある藪の中で姿が見えない

懐中電灯を取りに帰り再度声がした方へ行くと
声が・・・次第にちっさくなっていやがる
意をけして母ちゃん藪の中へ
したら いたっ~~~~子猫しかもすごい小さい
1匹だけじゃないかもと藪をだいぶ探して回ったが
他の子猫の声もせん 姿も見えん・・・・
何故こんな所にこんなちっせい猫?

とりあえず1匹保護
けれどありっ?ミルクをあげても嫌がるばかりで全く飲まん・・・・。
何とか少しずつ口へ運ぶが一口飲むとイヤイヤジタバタ

翌朝 獣医さんでみてもらうと
たぶん6月10日前後の生まれで目がやっと開き出した頃
一応あれ?なんかいるっと言うのは「ぽやっと」わかる程度
(これから ちゃんと見えてくるはず)
歯も生えてなく・・・自力排泄もできない ほやほや子猫でした
IMG_8502.jpg


ミルクを飲まないのはおかあちゃんのおっぱいと違い
哺乳瓶でミルクを飲んだことがないので飲む感覚がわからんそうだが

この時期 3時間おきに10グラムから20グラムのミルクを飲ませたい
なので慣れるまでいやがっても飲ませないと生きられない。
腹は減っているはずなので哺乳瓶になれれば勢いよく飲むはず。っと

こやつが生きるためにおばちゃん必死に時間間隔を短くし
とりあえず少しでも量を飲ませようと
せっせと嫌がる子猫にミルクあげ「いじめてるわけじゃねえ 飲まねえと死んじまうだぞ」
っと・・・・・ピイピイ鳴きまくる子猫に ミルクあげ もちろん夜中もさァ♪
・・ご近所さんえらい迷惑だったかも うるさくてスンマセン
決して虐待していたわけではありませんよぉ・・・・。
あしからず(笑)


そんなこんなで 哺乳瓶になれてくれたのが水曜日の夕方・・・
嘘のようにジュジュウ吸うように
こやつに根性があるのか
それともちょびっとアンポンタンなのか
はああああ やっとだぜ~~~~~~~!!!!!!!
IMG_8514.jpg
「ぼくわアンポンタンじゃなく猫でしゅけど
 おばちゃんおバカでしゅねェ~~」

保護してからミルクをほとんど飲まなかったため380グラむあった体重
一時350グラムほどに減りやしたが
今は400グラムまで増えてくれました
取り合えず生きていくためのミルクは取れるようになり
ブログでご紹介をすることにしました
離乳食もちょびとずつ食べさせて見ています。
IMG_8518.jpg
あと1週間程は3~4時間起きの飯の時間が続きやす
・・・・母ちゃんがんばりゃなァいかん大事な時期・・・・


スポンサーサイト