FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2013年10月18日 (金) | 編集 |
さて今日は「こうめさん」についてちょびっとお話を

こうめさん
我が家で保護してからっと言うもの一度も
お散歩中に会うワンコにも♪
里親会で会うワンコ達にも上手に挨拶し そばにいても全くもんだナッシング♪
喧嘩を仕掛けられても向ってゆくようなことはありませんでした
もちろん人に対しても 病院さんでも 一切 唸る吠える噛みつく等の行為はありませんでした。


しかし我が家で暮らすようになり数か月
ゲージ越しに我が家のワンコ達とも上手に挨拶ができる子
猫とは初対面から 手加減し遊んでやることもできましたので

我が家の大人しいワンコより こうめに直接会わせてみることにしました

がっ・・・・
いきなり初対面の 我が家のワンコに噛みついた こうめ

この犬とは気が合わないのかと
我が家にいる犬 全てで 同じように試してみたが
やはり全てに犬に対し 同じ行動をしようとしたこうめさん

なのでおばちゃんに(私の事ですね) 
同じ行動をするたびに いけないことだと理解できるまで叱られました。

なので 
今ではきちんといけないことだと理解し 
我が家のワンコ達と 留守中もケンカせず フリーに できておりやす。


では もともと こうめさんは攻撃せいのある子なのでしょうか?
違うと思います
では 良く言われる柴犬という犬種だからでしょうか?
(そもそも 
 この犬種だから攻撃性がある この犬種だから良く吠える んだと
 言う方もいらっしゃいますが 私的には犬種はあまり関係ないと思うのですよ・・・)
それも違うと思います。

現に最初から 初めて会ったワンコにも安心して挨拶をさせてあげられるいい子です

ただ 自分が生活してゆく場所にいる犬に対しては
これからの 生活に もっとも重要になってくる 犬同士の上下関係を
犬らしい方法で 
示そうとしただけのように思うのです

私の推測ですが・・・・・
もしかしたら我が家で保護する前にいた場所では 沢山の犬がいて
犬らしい方法で 上下関係を示してゆかなければ 
生活できない状況にいたのかもしれません。
例えば 
犬だけの生活ならば こうめにとって それが最も重要で必要なことです

けれど 人とそして先住犬と共に 生活してゆくならば 
やはり それでは困ったことになってしまいます。





今では噛みつくようなことはありませんが

先住犬さんがいるお家では 

新たに状況が変わったことに対し
また 自分が安心して暮らしてゆく居場所を確保するために
犬らしい方法で 前週犬に噛みつくようなことがあるかもしれません。

絶対あるとは言いきれませんが 
お互いのために 万が一のその時に きちんと対応していただける方が希望です





1頭飼や猫さんとならば 全く問題なく暮らしてゆけると思います
お散歩中に会う子にはフレンドリーで。
手のかからない穏やかな性格の エエコです。


留守番もエエコにできます 人がいる間は ただただ  
人の側 (いつでも目が合うような いい子良い子してもらえるような)に居たいので
そのためならば 冷たい 床の上にいることもいとわない
切ないぐらいの甘えん坊さんだったりもするのです。


今回 こうめの こんな一面があったのだとお話をし事で
怖い犬 攻撃性がある犬なんだっと思われてしまう方もいるかもしれません



でも 
今の我が家でのこうめ そして里親会でのこうめを みてくださればわかると思います
小さい子供にも 人に対しても そしてワンコ達 猫さんにも

穏やかに接することができる 優しいできる子なのです。











 







スポンサーサイト