捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2016年06月30日 (木) | 編集 |
朝晩は涼しいゆえ猫団子をまだまだみれる我が家です

左から ゴマ団子(小判) まめ大福(きよちゃん) 大福(琥珀)
20160617 (1)
ぬくぬくは保証済み
20160617 (4)
両手にモッチモチのおっさん2匹(笑)
母 「いいねぇ~~きよちゃん」
きよ「おばちゃん・・・・・できたら きよのことは ほおっておいてほしいんですけど・・・・」

時々きよちゃんのために踊ったり歌ったりするおばちゃんは
うざくて うざくて とってもうざい存在
それでも見慣れるちゅうのはすごいもんで そんな 「うざいおばちゃん」でも
「しょうもな」っと冷静に 逃げずに観察をすることもできるようになるもんだなァ~~♪





さて レオさん 小春姉ちゃん 留吉 斑(まだら)
落ち着いてくれています
毎日ちゃんと腹が減り ご飯を食べ 吐くこともなく シッコも出てくれて
ご機嫌でいてくれています

あ~~当たり前の事が 本当に幸せなんだなぁ~~っとしみじみ思う今日この頃


遅くなりました お礼です
こはるちゃんのお家O様より
犬猫おやつと母ちゃんたちにもトマト等いただきました
ありがとうございます
みんなでおいしくいただきました。

スポンサーサイト
2016年06月29日 (水) | 編集 |
さてこうめさんにしつけをしてくださる方が希望なのですが
どうして躾をお願いしているのかを少しお話を

こうめは
ガリガリで全身マダニだらけ 全ての肉球は腫れ上がり アレルギーでところどころ剥げており
炎天下の中 脱水と栄養状態が悪く 倒れそうな足取りで歩いていた 
本当にひどい状態で保護をした子です
我が家に来る前にどんな生活をしていたのかは全く分かりません
人に対しては本当におとなしい子でしたが
我が家のほかのすべての犬に対して噛みついてしまう子でした
(保護される前にもしかしたら ほかの犬に対し怖い いやな思いをしたのかもしれません)
ひろい食いもひどく お散歩でまっすぐ歩くなんぞ一切できない子でした
(確かに保護時 ガリガリで ひもじい思いをしたから ひろい食いがひどいのも説明がつきます)

可哀想な思いをした子だから
噛みついたりすることは しょうがないことなのでしょうか


私はそうは思いませんでした

これから先 小梅はきっと いやでも お散歩に行けば たくさんの犬たちと接する機会があるはずで
そのたびに「ほかの子に噛みつきやしないか」っといらぬ心配しつづけて
犬がいなさそうな場所にしか連れて行かったり 
そして食べれそうなものををひたすら探して地面ばっかり見て歩き続けるお散歩はきっと楽しいくないはずだと


教えてやる前からどうせダメだとあきらめる
それこそ 小梅 を信用してないと言っているのと同じことだと


だとしたら

ほかの犬に対して どう接していくのがいいのかを 
こうめに解るように教えてあげればいいんじゃねか!
そして
ひろい食いをするのに必死で お散歩を楽しむ事なんぞできないんであれば
顔をあげてお散歩すると きもちいいんだよって教えてあげればいいんじゃねか!

そうすれば いろんな場所にお出かけできて 楽しい思い出がたくさんできる


今はどこにお出かけしても 私たちがいれば大丈夫
ほかの子に吠えられても唸られても寄ってこられても穏やかに冷静に 歩けるようになりました
ひろい食いもしません 景色を見て風に乗った匂いを嗅いで嬉しそうに歩き
色々な人になでてもらえます

今はできていても  
人が変われば元に戻ってしまう可能性はおおいにあります

よくしつけ教室の先生がいれば いうことを聞くけれど
家に帰って来ると同じことしても全くゆうことを聞かないという話を聞いたことはありませんか?

どんなにいい先生に教わったとしても
教わったことを続けなければいみがありません


躾とは 犬をしたがわせる とか いうことを聞かせる 服従させる 
といった 印象が強いかもしれませんが


私が思う躾とは
犬がどうしてこういう行動をしているのかと 
犬の立場になってきちんと「人」が理解をして学ぶ場所
そして そのうえで
いぬを尊重して たくさんの愛情をこめて  
「大事な家族として」 あるいは 「パートナー」として あるいは 「子供」として あるいは「友として」
より深い絆を深めてゆけるもの だと考えます


私は躾のインストラクターでも資格があるわけでもありません
 
今までともに過ごしてきた我が家の犬たち11頭と
500頭近いワンちゃんたちのシャンプーをしてきて
私自身 犬達に本当にたくさんの事を教えてもらいました

私の躾の先生は 今まで私にかかわってくれた全ての犬達でした
もっと楽しい犬との生活を送っていただくために


こうめを家族として迎えてくださる方には
そんな躾を真剣に考えて犬とともに楽しんでくださる方が希望なのです






2016年06月26日 (日) | 編集 |
本日の譲渡会無事終了しました~~

我が家から参加のこうめさん残念賞でした
(お声がけはいただくのですが・・
 治療食を食べていること やアレルギー治療あり医療費が掛かります
 そして きちんと家族で躾をしてくださる方が希望です・・・)

あきらめずに行きましょう
20160228 (26)
「こうめ」ごくろうちゃん


コン太の会さんを通して
20160626.jpg
猫砂をいただきました
ありがとうございます
保護猫たちのために使わせていただきます





 



2016年06月25日 (土) | 編集 |
さて明日はコン太の会さん主催の譲渡会ですよ~~
お天気よい予報です
・・・・・あまり暑くならんといいのだけれどなぁ~~・・・・
我が家からも参加予定ですが
暑さの具合によって 猫たちはお休みをするかもしれません

こうめは お出かけが嬉しくてしょうがねぇ子なので出席する予定です。
20160423 (15)
にょほほっ
20160423 (16)
明日は私が出動!!ですねぇ

譲渡会だけどな
ここのところほかの子たちの病院通いでいつもしょんぼりお留守番隊だったもんね


さて話は変わり
斑(まだら)さん膀胱炎になっちまいまして
抗生剤のお注射してもらいしばし様子を見ることになりました
これでよくなっておくれぇ~~
20160614 (30)
おいら何もしてないのに
20160614 (31)
チックンされました
20160614 (32)
なぜだんべぇ 

2016年06月25日 (土) | 編集 |
連日雨降りですなぁ~~
雨の日はやる気もでねえっすよ っと犬猫たち
20160524 (3)
こんな寝方でお寛ぎの
20160524 (4)
小判兄貴
やる気のなさが全身に表れていますなぁ~~

そして斑(まだら)丸
20160522 (25)
いつも右の前足ピーンっと伸びていることが多い
首が傾いているからこのほうがバランスが取りやすいのだろうかのう

箱すわりしているときも右足ピーン
2016年06月23日 (木) | 編集 |
まずは【コン太の会譲渡会開催のお知らせ】から(コン太の会さんより転記)

■日時:6月26日(日)
■開催時間:1時~3時まで
■場所:城山レンタサイクルさん第2駐車場
*お車でご来場の方は恐れ入りますが駐車場代¥100がかかりますのでご了承下さい
■住所:埼玉県比企郡滑川町山田2165
(武蔵丘陵森林公園南口すぐ前、JAスタンドの隣です)
■参加予定犬
 コロちゃん、茶々丸君、ロック君、優太君、小次郎君、他未定
■参加予定猫
福君、はなちゃん、クーちゃん他ボランティアさん保護の猫さん
 ※生後1か月半の赤ちゃん達5匹は写真参加の予定です

*事前にホームページまたはブログより譲渡条件のご確認をお願い致します
*搬入の都合や犬猫の体調によって全ての保護犬猫が参加出来ませんので
 お見合いをご希望の子がおりましたら事前にお問い合わせをお願い致します

暖かく迎えて下さるご家族様とのご縁を待っているみんなに是非会場へ会いにいらして下さい(^-^)

お問い合わせ
メールfuri2shippo@yahoo.co.jp
関まで

【お願い】
新聞紙が不足しております、ご支援頂けると助かりますm(__)m


我が家からも 猫(ミヤちゃん まめ吉) こうめさんが参加させてもらう予定で~~す
雨ふらんといいなぁ~~

2016年06月22日 (水) | 編集 |
小春姉さんは毎日毎日 変わらず楽しそうにご機嫌で飯もよく食ってくれています
腎臓サポートへ徐々に切り替えていますが
美味しいらしい 良かったなぁ~~

20160413 (41)
「小春楽しいねぇ~~」
20160413 (36)
「うん♪」

このご機嫌が長く続いてくれますように


レオさんも週2回皮下点滴に通っていますが
吐くこともなくよく食べてくれています
先生にもほめられるんだよなぁ~~
20160531 (4)
レオさんも 今の状態が少しでも長く続いてくれますように

お年寄り組 が ご機嫌でいてくれるって なんて幸せな事なんだろうなぁ~~


ちなみにこのお方「こうめ」も もちろん元気元気
毎日猫たちと遊ぶのが日課でございます
20160108 (11)
20160108 (14)
20160108 (16)
えらいねぇこうめ
2016年06月21日 (火) | 編集 |
この間1日入院した留吉
その後は絶好調で毎日マーキングにいそしんでおります

がっ
このバカ尿し放題をみて 「おしっ今日もシッコが出ていてよかったぁ~~よ」
なんて思う日が来るなんぞ誰が予想しただろうか(笑)
とにかくシッコでていてくれてよかったなぁ~~留吉

余談だが
20160614 (42)
留ちゃんはきれい好きで
20160614 (41)
暇さえあれば自分磨き
20160614 (40)
こんなに身なりを気にするのに

シッコ臭いはきにしねえ・・・・・・・・・
ちっとは控えてくれると 母ちゃん助かるのだがな。。。。。。。。。。



2016年06月20日 (月) | 編集 |
小春姉さんです

歯の治療のため手術前検査をしたのだが・・・
小春も腎臓が悪かった ので手術はせず
治療食の「腎臓サポート」を開始になりました

検査結果はレオさんよりも悪かった
けれど 食欲もあり元気もあって 体重も5年前と変わりなく
本当に全くの無症状だった

たぶんゆっくり時間をかけて進行してきたため無症状だったのだろうと
ごくまれに小春のような子がいるらしい


幸い食事はきちんと食べてくれているので
治療食で 腎臓に なるべく負担がかからないようにしてゆくことに
20160105 (9)

20160105 (8)

もう歯科の治療はできなくなってしまったけれど
でも不幸中の幸い 症状が出てしまう前に検査ができ 診断が出たのは良かった・・・・・・

2016年06月17日 (金) | 編集 |
レオさん落ち着いてくれています
留吉もねっ



お久しぶりの「きよちゃん」
おばちゃんとの距離が徐々に短くなってきてくれています
20160423 (3)
手が届くところで話しかけても逃げなくなったんだよなぁ~~きよちゃん
20160423 (4)
指のにおいも嗅ぐでよ♪
20160423 (8)
でっ嗅いでも逃げなくなったんだよなぁ~きよちゃん

おばちゃんが手に持ったカリカリもな 食べたりもできるようになったんだよなぁ~~


飯を食べているとき以外で なでようとすると
迫力のある「しゃーーーーーっ」言われてちょいちょいへこむけどな
大丈夫大丈夫 
保護時より おととしより 去年より 半年前より 数か月前より
少しずつだけれど確実におばちゃんやおじさんへの警戒心は少なくなってきている。

小鉄も月ちゃんも慣れるまでだいぶ時間がかかった
アサギちゃんもゴロゴロ言えるようになるまで少し時間がかかったもんな
そうかと思えばあった時からゴロゴロスリスリできる小判やみやちゃんみたいな子もおるでよ

みんな違って それでいい



できたらね・・・きよちゃんのように人に対して警戒心や恐怖しかない子たちが
そんなに怖がらずにすむように 安心して暮らせたら
こんなに すばらしいことはないのだけれど

 






2016年06月15日 (水) | 編集 |
実は留吉入院してました

飯は変わりなくがっついて食うが
頻回にトイレにはいくが シッコが 全くでなくなっちまった
月ちゃんがいたころからマーキングが始まった 男だぜの主張も
体制は取るけれどシッコが出ない
(余談ですが 我が家の猫たちはすべて避妊去勢手術済あるんだけれど・・・
 多頭飼やね 手術をしていない女の子の発情中の良いにおいをかぐと突然始まることがあるんですなぁ
 留吉はそれ)


大変大変っと病院へ
石が尿道に詰まって全く排泄できなくなってしまったようで
膀胱に管をいれたままの状態で 点滴を続けてやるのと膀胱内の洗浄を行うため
3日ほど入院をさせることに
連れて行くのが早かったのが幸いで血液検査場では異常が見られんかった

そのまま預けていったん帰宅
夕方様子見に行ったら
先生から「だいぶ興奮していたので管を入れたり点滴をするときに軽い麻酔をするようでした」っと
入院室に行くとな
面白くないと猛烈に怒ってる留吉
誰かが通っても威嚇 何かの気配を察して威嚇 おまけに私にまで威嚇
私だってどん引きするぐらいの迫力だわ・・・・・
「この勢いだと管を自分で抜いてしまいそうなので明日早いが返す方向で行きましょうと」
先生 スタッフさん・・・・・・本当に本当に申し訳ない・・・・・

それでも母ちゃんのにおいをかいだら少し落ち着いたのか
用意してあった飯をがっついて食いだした ちょい怒りながらそれでも食う(笑)
こんな時にもしっかり飯は食うなんぞさすが我が家の子だわ

明日迎えに来るから頑張りや っと言い聞かせたのが良かったのか
ここはもしかしたら大丈夫と認識できたのか
翌日は威嚇もなく処置も麻酔なしで行えたそうです
良かったよかった
落ち着いたけれどやはり予定とおり本日退院ということで・・・・
お迎えにいくと いつもの留吉戻っていた

膀胱内の洗浄も十分行えたのでたぶん大丈夫だと思うが
再発のリスクも十分考えられる為
石ができやすい体質のため治療食を開始することになりました
「ロイヤルカナンのPHコントロール1」
20160616 (2)

これをしばらく続けます

帰宅後
しばし家中を見回りしてまわり 兄ちゃん姉ちゃんたちに挨拶をし落ち着いた
20160616 (9)
20160616 (10)
20160616 (11)
点滴をしてもらっていたのでちょいハゲ

お疲れちゃん よう頑張った頑張った
退院して 2日 絶好調でマーキング再開いたしました

フードで何とか石ができにくくなってくれればいいんだけれど・・・・
何より助かるのは 治療食をいかにもうまそうにガッついて食べてくれる事(笑)
























2016年06月15日 (水) | 編集 |
さてレオさんです
今のところ週2回の皮下点滴で行ってくれてます
御飯は食いつきがいい時と あまり食べたくない時と 日によってあるけれど
まずまず 平行線で行ってくれていて よかったなぁよ。

でもって今日は食べたい日
20160614 (49)
何かおいしいもの
20160614 (50)
ねえでしょうか・・・・
20160614 (51)
なんなら食べてあげますよ。。。。。。


食べたいときに食べさしておかんと次のごはんは食べてくれないかもしれんのでな
食べてくれるとそりゃ~~ほっとするんだなぁ


とりあえず食べたいものはなんでも食べさせていいっと先生からも言われているレオさん
昨日今日の好みは納豆お豆腐がいいらしい
これに鶏肉や豚肉 人間用の離乳食 犬用離乳食 や ウエットフード等
いろいろ手を変え品を変え

さて夕方のごはんも このままうまいと食べてくれるだろうかのう

2016年06月14日 (火) | 編集 |
ひのえちゃんです
先日混合ワクチン接種にいってきました
(ちょいとばたばたしていて ワクチン少しさきのばしになっていたもんで・・・)
ご支援いただきましたものより使わせていただきました
ありがとうございます。

保護時から今まで
検便駆虫済 ノミ マダニ 耳ダニ駆除 避妊手術までは済みました

後は2回目の混合ワクチン接種(初年度は2回接種)と
猫エイズ猫白血病検査予定

検査等等済みましたら譲渡会デビュー予定ですが
かなりの怖がりさんで少しのことでパニックになるひのえちゃん
譲渡会への本猫参加はちょっと難しいかな・・・・・・
今現在は事前にご希望があれば譲渡会へ連れてゆく方向で考えています

おつかれちゃん よう頑張ったねぇ~~
診察中は終始しゃべっておいででしたね・・・・ひのえちゃん
しかもおばちゃんに必死にしがみつき
おばちゃんは嬉しいやら 嬉しいやら(笑)

20160606 (18)
「・・・・・そうでしたっけ・・・・・・」
20160606 (20)
「ひのえ。。。。よくわかんにゃい。。。。。」
20160606 (21)
「・・・あっ あの時は たまたまおばちゃんがそこにいたからですにょ きっと・・・」
ああそうだろうて(笑)

さてひのえちゃん体重3キロ台になってくれました
小顔でナイスボディな女にょこ子です

写真ではこんなかわいく映るんだけれど
おっかしいな・・・実物は顔怖く見えるんだぜぇ~~不思議だろう?(笑)
 
2016年06月10日 (金) | 編集 |
さてワンちゃんのフード選びどうなさっていますか?

今まで ドッグフードに何の疑問を持たずに選びあげている方、
何をあげて良いのか分からなく今のご飯を選ばれている方 などなど、
知らなかった事や疑問が分かる
「たっかめの動物愛護セミナーペットのフードと御飯の話」が
2016年7月24日埼玉県の川越市にて開催予定です

ちょっと興味があるかもっという方もお気軽にお話聞いてみませんか
まだ参加者募集中ですよ~~

申し込みお問い合わせや会場等 詳しくはこちら→えすたま合同会社





さてさてここからは我が家のこと

レオさん病院に行ってきました
検査結果はね・・・・BUN CREの値がまたあがってきてしまっていました
週に2日の皮下点滴では検査の値を正常値で保つのは難しい
また日帰り入院で朝から夕方まで
数日静脈から点滴をしてもらえば正常範囲にたぶん戻るのだろうけど
老犬のレオのストレスを考えるとそれが最善かは なんとも言えないと
実は
数日間日帰り入院していた時 
朝病院に届けて帰ろうとすると「どうしておいていくの」っと切ない顔で母ちゃんいつまでも見てた
でもって 迎えに行くと 私の顔を見てうれしくてうれしくてそりゃ~はしゃいで
そして  とにかく帰りたくって帰りたくって仕方がなかった
病院さんの先生もスタッフさんも親切で優しいのにね・・・


今は検査結果的だけ見ると悪くなっているのだけれど
レオ事態は それなりに御飯を食べてくれていて
歩けて 吐いてしまうこともなくいてくれる
皮下点滴週に2~3回で今の状態を保てるならば
もう少しこのままの治療を続けてみるのも選択の一つ

でもその治療だと ゆっくりゆっくりかもしれんが 見送る時が近ずいてくるという事・・・・

と先生から お話があった
20160609 (2)
あのね・・・今レオは好きな時に食べれるだけ好きなものを食べて
だいぶ量は少ないけれどね・・・・
体重も減ってはいるが それなりに体調は維持ができている



だとしたらな今現在はそれがレオにはいいのかもしれない・・・・
歩けるうちに 何かを食べたいと思ううちに
楽しいことをしてゆこうなレオさん



2016年06月10日 (金) | 編集 |
さてレオさんのその後

先週の金曜日から
1週間に2回予定で 通院しての皮下点滴で様子観察開始しておりやす

先日火曜日に皮下点滴をしてもらいやしたが

御飯(たぶん全体量は少なくなっているとは思うけど。。。。)もどしてしまうこともなく食べくれているせいか
体重がほとんど減ることもなく
足取りも顔つきもしっかりしてくれているため
血液検査は次回までせずにいくことになりました

何かを食べたい気は 皮下点滴のみでも 今のところありすぎるぐらいですが
実際は少しの量を数回に分けて食べているという感じ
それでも もどさないでいてくれるはいい♪
朝晩のお散歩も ゆっくりのんびり道草をしながら行ってくれています

20160606 (5)
飯食って充電中
20160606 (6)
「う?母ちゃん何か用?」
せっかく寝ているところを起こしちまいやした



明日の金曜日 皮下点滴と血液検査で病院へ行く予定


この梅雨時期をこのままの体調で
乗り切ってもらえればいいんだけれどなぁ
















2016年06月03日 (金) | 編集 |
まずはBEESの家さん譲渡会お知らせから(BESSの家さんより転記)
 
6月4日(土)
13時半~17時まで
ペットの常設譲渡会場「ペットと暮らそう」さんにて
猫の譲渡会が開催されます。

参加団体
松ねこ
BESSの家(猫のお家探し)

千葉県柏市泉町16ー30
ヤオコーさんのお向かい

エアコンのきいている屋内会場で、保護猫達と会っていただけます。
里親希望の方、ぜひぜひお立ち寄りください。

今回BESSの家(猫のお家探し)からはきょうだい子猫5匹(雄3、雌2)が参加予定です。
生後2ヶ月弱の子猫。
子猫は譲渡に際してお願いすることが多いです。
譲渡条件、お届け可能範囲がございます。
詳しいことはスタッフまでお尋ねください。
譲渡は先着順ではありません。
また予約などもできません。
里親希望のアンケートを出していただき、子猫が幸せになれるお家に決めさせていただきます。
返事は後日となります。
詳しくはこちら→BESSの家



さてここからは我が家のこと
レオさんです
日帰り入院点滴を再開し2日目
血液検査も一緒にしてもらいました

BUN CREの数値は正常範囲内へ戻ってくれていましたが
まだまだ油断はできませぬ

明日念のため もう一度日帰り入院で点滴をして一時終了
2~3日後今度は通院で  皮下点滴と抗生剤内服薬にて
BUN CREの数値が上がってこないかを観察することになりました
20160601 (3)
20160601 (1)