FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2013年11月23日 (土) | 編集 |
マルコにと

ショーン君カップ君のお家S様より
IMG_5035.jpg
お花をいただきました。
IMG_5042.jpg
そしてハッピー君のお家ご近所さんのI様より
IMG_5044.jpg
お花を頂きました


温かいお気持ち ありがとうございます
マルコの側におかせていただきました。

マルコは幸せもんです・・・・・・。







マルコね

初めて自宅で生まれたレオの子でした。

レオの おなかにいるときは
獣医さんに 多分5匹は居るねっと言われていたのですが
実際はマルコ1匹だけでした

複数いると思われてたほど大きい子だったので ちょっと難産だったけれど
無事マルコが生まれてきてくれたときは
そりゃ~嬉しくて嬉しくて 母ちゃん思わず部屋中踊りまわったけな・・・

でもね・・・ちょっと落ち着いて まじまじとマルコの顔みたらなっ・・・
おっかしいな
あまりの残念な顔に・・・生まれて間もないマルコにっと思わず出た言葉が

「・・・・・まあアレだ・・・・・・・女は愛嬌・・・だって言うしな・・・気にすんな」
だった

ごめん母ちゃん何とも失礼なやつだったよな・・・・

それがな 母ちゃんの思いに反して
どんどん犬らしく 可愛くなってイケテル女になったんだよな マルコ

生まれたときから優しいお母さんレオや 姉ちゃんクー・小春に囲まれて
居たせいかうちの中ではアタイがアタイがっとそりゃうるさいぐらいだったけど

マルコだけで
病院さんに連れてゆくと・・・・
怖くて 良くウンチやシッコのお土産おいてきちまうほど の ノミの心臓だったりもした。
内弁慶とは マルコ事だったな。


ちいさいころから食いしん坊で
毎食 嬉しすぎて飯前に小躍しちまうのも結局ずっと続いていたな
母ちゃんが飯の支度をしていると
何かもらえんかと壁の隙間から穴が開くほど母ちゃんをガン見していた
しかも盗み食い大魔王で
「どうせ叱られるなら 食うだけ食って叱られてやる!!!!」
っと筋がねいりの食いしん坊だったなっ


でも食いしん坊が大いに役に立つこともたくさんあって
お薬飲まなきゃいけないときも
シッポブリブリ「母ちゃんすっげぇ~~アタイにだけ特別おやつくれるんですか~~」
って嬉しそうに食ってくれたよねっ
どんなにか楽だったか・・・・・・。


クーさんが(病気で虹の橋を渡ってしまった子です)
病気で頑張っていた時には
留吉のようにそばにいてくれた・・・・優しい子だったんだよな

そして 新入りが入ってくるとな
毎回 飯はちゃんと待たねばならんぜよ
こうしなきゃいかんのだっと 教育的指導をしてくれたのもマルコだった
上手に上手に手加減してあそんでもくれていた・・・・
できるマルコ姉ちゃんだったな

その姉御肌が 実は小心者なのに
お散歩中に会った子(犬)が
マルコ以外の我が家のワンコ達に近づいてくると 間に立ちはだかり吠えていた

アタイがみんなを守らなきゃいけないと思っていた 必死の行動だったのだろうな・・・・



ちょっとしたことで 父ちゃん母ちゃんにほめられるとそりゃ~~嬉しそうで
何度もおなじことくりかえしちゃ「アタイエエコですよっほら褒めなせい」
っと 偉そうに どや顔してた。





今更だけど マルコは マルコは
本当に本当に いいやつだったなっ・・・・・

だから・・・
調子が悪くなってから亡くなるまでが本当に短かったのも
父ちゃん母ちゃんを思っての事だったのかな

だから・・・・
亡くなる日の朝最後に
母ちゃん達に しっかりした姿を見せてくれたのかな

だから・・・・
母ちゃんがつらくないように
最後の最後に苦しいところ見せないようにしたのかな・・・・・
IMG_0256.jpg
マルコ





マルコの優しさは
IMG_4841.jpg
しっかり留吉が受け継いでくれているようだよ・・・・・





スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック