FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2015年12月12日 (土) | 編集 |
12月前半は本当に病院通いが多かったチッチーズ家
(病院ちゅうてもしっぽがある子達の病院 (獣医さんな))

まずは こうめ センちゃん 小鉄 アサギ 4匹の ワクチン接種があったやろ~~
いっぺんには連れていけんので 分けて連れてゆくのでのう

その他に
チビ太相変わらず下が気になり舐めてしまっているので再診し
 よく見てもらい
 こちらはちんちんの先 傷や赤みもなくなってきており 少し改善されてきているとのこと 
 PHコントロールの治療食を継続し 経過観察でOK
 (こちらはとりあえずよかったよかった)


でもって 本日はアサギさんが再診
(2日に1回は病院さんへ通ってるんじゃねえかと思うほど・・・・・だな(笑))




実は アサギ ステロイド剤2日に1回の内服に減ってから
お口の痛みがましてしまった

 
食事はもちろん 水を飲む時にも 痛みが強いため
口の中を 前足で引っかいたり 噛んでしまったりで ヨダレに血が混ざるようになっちまった

食事をお口に運んでも いやいやしてだいぶ外に出てしまう
ので 体重が少し減ってしまっていた

痛みが強いので
ステロイド剤の注射 と 抗生剤の注射 をしてもらい
毎日ステロイド剤の「服用へ戻すことになった

今のアサギには ステロイド剤今の量で 毎日服用でないとダメなんだな・・・・
体重からすると結構多い量での服用
もう少し減らしたいところだが こればっかりはしょうがねえ
痛みのため食事を全く取らなくなってしまう方がダメ


口腔内を痛みがないように 早くに歯を抜く等もしてあげたいのも山々なのだが
いろいろな病気がありそうなアサギ 麻酔によるリスクがどんな形で出るか 予測ができないこと
出血が多い処置なだけにアサギへのダメージが大きい
今のアサギの状態等 総合的に考えて 今すぐ歯の治療は・・・・・・・・・・
やはり リスクが多い

生命を取る か それともイチかバチかで死んでしまうリスクが高くても 痛みを取るか 
と究極の選択になっちまう
とのこと


先生とよく相談して


もうしばらく 頑張ってご飯を食べ 体重を増やし 体力を付けることにしました
20151210 (5)
20151210 (14)
食事後 ちょっとお疲れでこの顔である
注射が効いて少し口の痛みはよくなっているようだ





 












スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック