FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2015年12月16日 (水) | 編集 |
アサギです

今日の 夜中の2時頃に 嘔吐し その後体調が悪くなってしまった
ぼーっとしていて 歩くのもやっと
寝てしまったら呼吸も止まってしまいそう・・・・
なく元気もない・・・・・

あさ病院へ連れてゆき
低体温とひどい脱水で
今は とにかく
体を温めて 点滴をしないと厳しい いろいろ検査もしてみますっと
そのまま即入院 お預けをしてきた

当日の夕方 血液検査の結果と アサギの様子を見に行ってきたが


結果は・・・・・
貧血がひどい 前回血液検査した時よりだいぶ進んでしまっていた

現在ショック状態で
ちょっとの刺激で(排泄やら嘔吐やら)で 何があるかわからん 呼吸が止まってしまうかもしれん

点滴も脱水があるからもう少し多めに入れたいが
ひどい貧血があり いれすぎると 今度は血液が薄まってしまうためそれもできない

とにかく 何から来ている貧血なのかを・・・
引き続き状態をみながら 検査をしてみることになった

毎日毎日 近くで見ていたのに
こんなに ひどくなる前に
もっと早くに気づいてやれんくてごめんな・・・・・ごめん
アサギ 入院1
アサギ 入院2


アサギ撫でてやるとな
誰が来たのかわかったんだな
横になって寝ていたのを 顔を上げてそばに寄ってきた
体は朝より暖かくなり まっ白だった肉球は血の気がましていた


先生はね
「僕はまだまだ 諦めるのは早い 見込みはあると信じている」っと言ってくれた

マルコの時も月ちゃんの子供の時も そしてレオが体調を崩した時も
シューバの足の時も
毎回変わらず 同じように「まだまだ見込みはあると僕は信じている」と言ってくれた
この言葉で どんなにかこころ強いか 

本当はね 毎日 毎日 今日のこのご飯がもしかしたら最後になるかもしれん
もしかしたら 仕事から帰ってきたら呼吸が止まっているかもしれん
もしかしたら 朝起きたら呼吸が止まっているかもしれん
不安で不安で息をして寝ているアサギを見て「生きてた」っと心底ホッとする
そんな毎日だけれど

アサギも諦めない

だから私も諦めない

アサギが頑張っているうちは諦めない


きっと帰ってこれる  また うちへ帰って来れる
そして おばちゃんとまたご飯を食べて文句言い言い(笑)ラブラブ時間すごそうなぁ~~


あす病院は休診日だが
明朝 先生がアサギの状態を電話で教えてくれることになった
そして夕方アサギの顔を見に行く予定です







スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック