FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2016年02月25日 (木) | 編集 |
シューバです


・・・・肺転移が・・・・・多分だいぶ進行しちまって・・・・
・・・ちょっと動いただけで「はあはあ」して 苦しくてしばらく動けんようになった・・・・
・・・寝ていても 時々苦しくて向きを変えることもあり・・・・・・・
水を飲んでもむせちまんだな・・・・・・・

もしかしたらほんの少しでも呼吸が楽になれるかと
先生にきいてみたんだけれど・・・・

進行が早すぎて
少しでも酸素を送ってやる方法や
抗がん剤にかけて見る方法もあるが・・・・
ほんの一時的なものになってしまうだろう・・・・・

肺転移はね・・・・・最後の最後まで本人が苦しいらしく
何をしていても 本人も飼い主も苦しくて辛いと・・・・・・

安楽死の選択肢も考えの一つだと説明を受けました


安楽死・・・・・・安楽死・・・・・・・安楽死か・・・・・・
頭がね一瞬回らんくなった


シューバの苦しそうな姿を見て
やっぱりそうしてやるのがいいのかもと思う反面
もしかしたら苦しくてもシューバは生きたいんじゃねえかっとも・・・・・

どうしたらいいんだろう
どうしてやったらいいんだろう
シューバのためにどうするのがいいんだろう

苦しくないようにっとそれだけを考ようとおもってきた
けれど 安楽死を決断するということの
重みがね・・・・あまりにもありすぎて
考えても考えても堂々巡りになっちまうのです
20160225 (2)
20160225 (3)
20160225 (5)
ねえシューバ・・・・・シューバはどうしたい?
母ちゃんはどうしたらいい?


ない頭で考えて考えて考えたら
答えが出るだろうか・・・・・・・


どちらを選択しても
安楽死なら「私が殺してしまった」っと
安楽死をやめるなら「最後の最後までとても苦しめてしまった」っと
きっと後悔と懺悔で自分を責めてしまうだろう

それでも
シューバにとって何がいいのか真剣に
しばらく考えることにした



今まで見送ってきた11頭の子達の時も
いつまでもあの時こうしてやるべきだったかと未だに想い続けている



あのな・・・・・
私はどの命も大事におもう
病気で生きていたいのにどうしようもないことがあるのはわかっているが

けれど なかには こんなはずじゃなかったとか 飽きたからもういらないとか
命をモノのように手放す人もいて
保健所は最近引き取ってくれないから いらないから持って行ってっという

いらん命なんぞ何一つあるものか
死んでもいい命なんぞ何一つあるものか












 

スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック