FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2017年04月23日 (日) | 編集 |
先日 コン太の会さん主催の 譲渡会へ参加させていただきました
「こうめ」「みや」「まめ吉」
残念ながらご縁はありませんでした
また次がある


20170423 (4)
ミヤちゃんは帰宅後トイレ トイレ
20170423 (1)
こうめちんはお散歩後マジ寝(笑)
20170304 (27)
まめ吉はいつもの場所でお寛ぎ
みんなおつかれさん




さてコン太の会さんを通して
20170423 (2)
洗濯洗剤 ペットシート 猫用フード をいただきました
シートはこうめちゃん 猫フードは今いまいち食欲がない「きよちゃん」に
そして洗濯洗剤は保護している子たちの洗濯物に
大切に使わせていただきます
ありがとうございます。。。。

それから チッチーズでいただきました新聞紙 フード等
一部チッチーズで使わせていただきまして 残りを本日コン太の会さんへお届けいたしました
ご協力ありがとうございました
皆様のお気持ちに 感謝したします。。。。。。。







さてここからは
こうめさんについて一言
(長文になります)
こうめさんは我が家の個人保護ワンコです

コン太の会さんの譲渡条件以外に
個人的に譲渡条件に追加させていただいていることがございます

今現在こうめ
基本的な躾はできております

保護当時と比べ物にならないほど
いい子になりました

例えば保護当時

とてもひどい拾い食いがあり
 常に食べ物を探して歩いていたため 散歩中にまっすぐ歩くことは全くできませんでした
(おかげで何度も転びそうになったことあり)
他の犬に対しての 噛みつきや (我が家の犬たちが穏やかに近づいてきても噛みつきあり)
家の中の家具イスの足や食器だなの隅 などを噛んでしまう 
や コンセントを噛みきる 同居している猫を追い掛け回す
おもちゃへの執着もあり おもちゃを取ろうとすると唸る
人の姿が見えなくなると泣いてしまう(数時間は続く・・・)
排泄も室内のどこでも 好きな場所でしてしまっていましたし
同居犬の排泄物を食べる ために 常について回る
食事の際マテができずほかの子のごはんを食べに行こうとし喧嘩になりそうになる




これをすべて
ひとつづつ 時間をかけて 「こうめ」に理解できるように教えて改善してきております


いまでは 
散歩中に合う犬に吠えられ 噛みつかれそうになっても
穏やかに回避し 気が合う子ならば遊びに誘えるようにもなりました
食事もほかの子のごはんを横取りせず
室内での排泄もありません
猫とはちゃんと相手に合わせて力加減をしあそぶことができ
お散歩中は
ゆっくり拾い食いせず歩く事もでき 
この間 17歳で亡くなったレオさんの歩幅に合わせて歩いたり
私の早歩きで歩く速度にも リードを引っ張らずに歩けるように
人がたくさんいて犬もたくさんいる場所へ連れていっても 今では大丈夫
小さい子にしっぽを急に触られても 間違って口の中に手を入れられても
消して怒ることなくおとなしくしています
たくさんの人たちに囲まれて
いい子ですねっと撫でてもらう事ができるようになるぐらい
成長してくれています



ただし



環境が変わり そこで暮らしている新しい家族との生活が始まると 

今度は
新しい 環境や家族に合わせて どうすればいいのかを犬は考え 
新しいルールを考え行動できる 
優れた能力があるゆえ
新たな問題行動 や 保護当初の問題行動が出てしまう事が考えられます

(なぜなら犬は
 過去をいつまでもひきずり くよくよしたり 
 まだ起きてもいない未来の事を 心配しすぎたりせず
 今 その瞬間を 生きていて 常に記憶の上書きをしてゆける 生き物だから)
これは
 人間の私が 真似をしたくても真似をするのが本当に難しい事で
(なぜなら人は
 過去の事を踏まえて同じ失敗をしないようにと考え 
 先の起こるかもしれない事を 心配し回避をしようと考える生き物だから) 


私が思うに 
人と犬 大切なかけがえのない 家族になれるのだけれど

「愛情をかけて 可愛がる」 
のと
「こんなことしたら可哀想だからと ただただ甘やかしてかわいがる」
のとでは
大きな大きな 違いがあると考えるからです
 
ゆえに 里親様になっていただける方には
いい事 悪いこと をその都度 注意してくださること
(いい子になっても 時々忘れてしまう事があります)
 ので一回いい子になったから教えなくてもいいのではなく

継続して  いけないことは行けないと きちんと教えていただける方

そして何より「こうめ」が この人なら信用できると思ってもらえるように
時間を割いて 努力をしてくださる方 


を希望しております
20160108 (14)






辛い経験をした子ゆえに もう二度と同じ経験をしなくて済むようにとの考えからです。

もしこのような条件でも

「こうめ」を迎えたいと 家族になりたいと 考えていただける方がおりましたら
その時は
私に力になれる事は時間を作り最大限にお手伝いできるようにと考えております










 


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック