FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2017年10月13日 (金) | 編集 |
まずは訂正から
「みつみ「なつな」の
去勢手術は生後6か月と記載していましたが 生後8か月ぐらいです
なので年明けぐらいに手術よてい
ちなみに 避妊手術は生後6か月ぐらいとなります
(改めて訂正いたします)

獣医さんによって手術する月齢が異なるようですが
成長段階で体が出来上がるのが ちょうどこれぐらいだそうで
我が家の保護猫達は全てこれぐらいまたは以上で手術をしてもらっています

去勢避妊手術は可哀想で・・・・というお話も聞きますが
発情期に毎回 妊娠をさせることが可能で
子猫がどうしても欲しい っと言うのではないだとしたら 

私は手術は必要だと考えます

なぜなら 本来発情時期がくれば子作りをするのが自然の摂理
それを無理やり子供ができたら困るからっと押さえつけると
本猫にとってはどんなにか ストレスか・・・・・。

万が一(望まなくても家から出てしまい) 子供ができてしまったとして
1度に4~5匹子猫が生まれます
(それプラス 猫は年3回ほどお産が可能です)
ということは 初めてのお産で母猫が4~5産んで
そのうち2頭が雌猫だとして
発情が来るのが雌猫ならば生後6か月ぐらいなので
母猫さんと子猫2匹が 親兄弟関係なく 子作りをしたとして
1匹あたり4~5頭の「子猫」を生み
さらに半年後母猫と子供ひ孫のメスが発情時期を迎え
それぞれが妊娠し1頭4~5匹の子猫を産む・・・・・・・・・

これが多頭飼う倒壊なのではないでしょうか・・・・・・・
だとしたら 手術をしたほうが
本人が発情時期関係なく1年中 穏やかでいられ無用な喧嘩も起きません
何より 不幸な子猫をこれ以上 増やすことはありません

そして 子猫の里親様を探しても 見つからない場合もあり
その時は その時は 
母猫も 生まれた全ての子猫たちの事も
責任をもって最後の最後までお世話をできるでしょうか?
頭数分の 食費 や 医療代 等々は かかるのですよ。

面倒見切れんからと むやみに捨ててしまう行為は 犯罪行為だと知っていますか? 
動物保護法に違反し
懲役や 罰金がかせられるのを知っていますか?



ただのその場のかわいそうではなく

子供を作る権利を人間の私が奪うのであれば
その分私は全力で 今いる子達の 命が尽きる その時までは 
その命と 向き合って
大事に大事に大切に大切にお世話をして行こうと思うのです
 

飼い主さんのその場の 思うかわいそうではなく
どうか・・・その子の 先の先の 先の 事を考えて決断してください


我が家からゆきます子は未避妊去勢手術の子に関しましては
必ず避妊去勢手術を してくださることが必須条件です



さてちびっこ2匹
猫エイズ白血病検査をしてもらい
2匹とも陰性でした
20171005 (25)
チックン頑張りましたぁ
「みつみ」は採血中魂がどこかへ飛んじまったのか?(笑)
      放心状態だった
「なつみ」は採血中 「たぁすぅけぇちぇ~~お家かえりゅぅ~~」っと
      大泣きだった
(猫さんは同腹の兄弟でも性格が違うのは多々あることでな)
おかげで採血当日の夜は静かだったぁ。



おまけ
親分肌の「げんさん」フリー時間は
ここでウトウトするのがお気に入りらしい
20171001 (2)
20171001 (3)
お気づきだろうか?最近寝ているときうっかり手が出るようになった
以前はこんな格好で寝るなんぞ皆無だったもんね
家猫生活まんきつしておるようです









スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック