捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2018年02月21日 (水) | 編集 |
美鈴です
「こうめ」といると母さん思い出すのかにょ?

20180216 (4)
20180216 (7)
20180216 (10)
母さんに甘えたい時期に 甘えられんかった
兄弟と遊びたいときに 遊べなかった

と思われる美鈴
大事な大事な時に必要な経験ができんかったかもしれんけど
今それを取り戻しつつ

我が家にきて1か月半程
人ではどうしたって 補うことができん事があってな・・・・

同居している 犬達や猫たちの助けを借りて  母犬 兄弟 家族の群れの一員として 
人には教えられんことを 教えてくれています。

おかげで 少しずつ美鈴は色々な事を学んでいい子になっていますが






穏やかな時は本当にいい子です。
「ギャン泣き」の無駄吠えもほぼなくなったし
御飯の時の執着も 少しずつなくなってきている
おもちゃの持ってこいもできるよ 
待ても おすわりも 家の中なら完璧になった

ただ・・・・・興奮しやすいのは同じ
ちびのくせに 物凄い強気でな 逆切れして 唸る 噛みつく 
あまがみちゅう程度じゃねえぐらい 手に傷ができるほど噛みつき

散歩中に人を見ると嬉しくて 嬉しくて 興奮のあまり
側に来てくれた人の 手袋や袖口やバックに噛みついて 穴をあける

まだ まだ まだ まだ 
一度興奮してしまうと 興奮がなかなか収まらず
舌が真っ白になっちまうほど



やはり 犬を初めて飼う方には 難しい。


犬と暮らすのに 大事なのは

人も犬も お互いに 楽しくて 苦にならず
 (ただし 基本的な 躾は どの子にも 必要と 考えます)
もう一匹迎えてもいいかも と
万が一その子が虹の橋を渡ってしまった後も
もう一度 犬が飼いたいと思ってもらえるのが
私は 理想だと思うんだなぁ・・・・


もう2度と犬は飼いたくないっと思ってしまってからの
10数年の 犬との生活は 人も犬も 苦痛でしかない    






なので やはり
美鈴には 
犬の扱いに慣れ きちんと いい事 悪い事を 教えることができ
興奮状態から 上手に 回避をする方法を 美鈴とともに あきらめずに取り組んでくださる方

そして
丸ごとひっくるめて
だから美鈴が「いい」と言ってくださる方がきぼうです




スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック