FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2018年04月15日 (日) | 編集 |
美鈴の狂犬病予防接種してきたぞい
20180414 (3)


病院はすこぶる楽しかったようでな・・・・
待合室で人を見てはしっぽブリブリ ワンコさんにゃんこさんを見てはしっぽブリブリ
誰かが入ってきてはしっぽブリブリ 
少しもじっとしておれんかった

人が好き犬が好き猫も好きなのはいい ものすごくいい


でも 困ったことに 嬉しいと 興奮しすぎてしまう 
興奮が最高潮になってしまうと 舌がチアノーゼになってしまう程でな

興奮させすぎないようにと先生からも言われているのだが


・・・・・・・・病院行く前の散歩もう少し長い時間歩かないといかんなァ・・・・・・・・



おかげで 私の足は どんどん ムッキムキっ のかっこいい足になっていく



はっ!! まさかの おばさん改造計画だな










家に着いたらそっこうで寝に入った

美鈴の場合 注射したから ちょっとだるいんじゃなくて 
きっと・・・みんなに愛想を振りまき疲れのような気がしないでもない
20180414 (10)
20180414 (8)
20180414 (5)
しかし・・・・・あれだな・・・・・・


寝てるときの正面はあいかわらず いい味だしまくりだな





さて美鈴譲渡会に参加をしていただいておりますが

慎重に譲渡先を検討させていただいております


なぜなら
気が強く 嫌なものは嫌 「美鈴」が納得できないことは全力で抵抗します
食べ物への執着もかなりあり
人以外犬猫にも 威嚇噛みつきがあります
興奮もしやすく 側に居る人が きちんと興奮しすぎないように注意してあげないと
自分を抑えることができません (舌が真っ白になってしまう程)


本来の 美鈴は とても賢い子だと思います
 
人が大好き 犬も大好き 猫も大好き お出かけも 遊んでもらうのも 大好きです

けれど問題もあります

噛みつくからという理由で 家の中に閉じ込めて犬や猫側のに寄らないように隔離する

そうすれば 簡単なのかもしれませんが
美鈴の良いところは 全部 否定し無くすことだと思います 

これではより一層ひどくなり 
人に対して不信感がわき 全く信じられなくなることでしょう。。。。。。。。。。

それだけはしたくないのです

全て完璧に直すことは無理でも 改善はできるはずです
柴犬の「こうめ」がそうでした

故に
美鈴のためにどう接したらいいのか 美鈴にわかってもらうためにはどうしたらいいのか
一生懸命考え あきらめずに 美鈴に付き合い 心と体のリハビリをしております



まず我が家でしたことが 

元気いっぱいで体力が有り余っている美鈴のために

有り余った体力を発散させてやり ストレスをためず程よく疲れて いつも穏やかでいられるように
1日最低でも1時間や1時間半はお散歩に連れ出し 家の中でも遊ぶ時間を作りました
(譲渡会参加日にはいつものお散歩より倍の時間ぐらいお散歩に行ってから参加させています)

そして どんなに威嚇されても噛みつかれても そのたびに
穏やかに毅然とした態度(これが一番大事)で いけない物はいけないのだとおしえます
おかげで私の腕や足には 名誉の傷が増えました

1歩進んで 3歩さがる日もあれば 3歩進んで 1歩下がる日もあります
日によってまちまちです

それでも 少しずつ 確実に 改善はできてきていると思います
食べ物がなければ1時間ほどの散歩量でも 犬や猫と全く問題なく仲良く遊べますし近くで寝ることもできます
また 程よく疲れていて 穏やかな状態ならば 
他の犬と近い位置でおやつやフードをあげても威嚇もせず 喧嘩になりません
ただし食べ終わるまでは 人が側で見ている必要は 今後もあると思います。
人が多いところでも 犬がたくさんいるところでも どこに連れて行っても
穏やかでいい子でいることができます

美鈴は できる子 賢い子 可愛い子 です
だから 
譲渡会に 参加をさせていただいていますが

今の美鈴の いいところもダメななところも すべて理解したうえで 受け入れてくださる方
そしてダメな所だけではなく 美鈴のいいところを信じて 改善できるはずとあきらめずに 
これからも努力をしていただける方でないと 。。。。。。。
せっかく譲渡をしても やはり無理だと返される可能性がある子だと思うからです






























スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック