FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2018年06月23日 (土) | 編集 |
本日2回目の抗がん剤予定だった「げんちゃん」

ですが

いまだ 食べても 1日 カリカリ2粒 チュールひとなめ で もういらない と

なかなか食欲が戻ってくれん・・・・・・

心配していた副作用 吐いたり よだれも でていない

呼吸は まだ少し荒いけれど 1週間前と比べるときっと
本人は楽なんだろうと思う

横になって眠れるようになったし
気が向くと「にゃ」っと言えるぐらいにもなってきて
 これなら食べれるか? これならどうか?と
いろいろお持ちすると 空気砲を打つまでになっている

考えられることは 
副作用もなく 全身状態はいい 発熱もない

なので
たぶん抗がん剤で がん細胞を一気に破壊した それが今 体内にたくさんある状態
それに体が 一生懸命対応し 全力で戦っているから
食欲が出ていないと思われるそうで

食事を取れるようになるまでは
次の 抗がん剤治療はできないと本日は点滴と吐き気止めをしてもらい帰宅しました

強制自給ができる子ならば回復も早いんだろうけどとの
先生の言葉でポチットときた

げんちゃん 普段から 触れない子でな
本調子でない 今も 食べれそうなものを顔の近くに置くだけで 
空気砲と猫パンチを時々 お見舞いされる事もあってな
強制自給は難しい・・・・・絶対 暴れて手噛まれるな・・・・・と
思っていたんだけれど

病院へ行くとき パニックで暴れてしまう恐れがあるため
毎回 洗濯ネットに入れてゆくのだけれど

ネットに入れてしまえば ちょっとチビっちゃうけれど
後は ひたすら固まってくれる げんちゃん

もしかしたらネットに入っていれば
強制自給ができるかも
素手で 直接鼻先に着けようとすると きっと 怖くて手噛むだろうから
シリンジであげれば噛まれたって大丈夫だ

怖がって 嫌がって 噛まれてしまうかもしれないが チャレンジしてみっかっと
病院より帰宅後 強制自給してみたところ

あっけない程 すんなりとチュール1本食べてくれた
1週間ぶりの ちゃんと食べたと 言える チュール1本が
どんなにうれしかったか
食べた後も吐くこともなくいてくれている
 
そっか この手があったか!!!!!

シリンジであげれるペースト状のものなら
食欲が出てくれるまでの間の強制自給 いけるかもしれない


「げんちゃん」「げんちゃん」
あのね 自ら食べようと思えるまで
おばさん 嫌われても引っかかれても噛まれても
強制自給 させてもらうね・・・・・


我が家で 
家猫として やっと日々の御飯や寝るところや縄張りの「心配」がない生活を送ることができて
「げん」という名前もつけてあげれたんだもの

名前もなく人知れず死んでゆく たくさんの本当にたくさんの命がある中で
縁があって「げんちゃん」と出会えたんだと 思うからな

すこしでも共に暮してゆく時間が長くなるように
20180622 (12)20180622 (14)
うざいかもしれんが いやかもしれんが ちょっと頑張らせてください 





お礼です
20180623 (1)20180623 (7)
「もんちゃん」のお家H様より新聞を
看板犬の「「ルーク君」がいます美容室「ビビアン様」より新聞と
募金箱を回収させていただきまして¥1458でした

ありがとうございます。
新聞 助かります
回収させていただきましたご支援は「げんちゃん」の抗がん剤治療に使わせていただきます

「げんちゃん」食欲はないけれど体調自体は落ち着いてくれているので
明日の譲渡会に 参加させてもらう予定ですので

チッチーズで預かりました
コン太の会さんへの
フ―ド類や 新聞(こちらは我が家とコン太の会さんで半分とさせていただきました)
明日の譲渡会にてコン太の会さんへお届けしておきますね

ご協力ありがとうございました。。。。。 





















スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック