FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2018年07月14日 (土) | 編集 |
柊(ひいらぎ)母さん

育児に一生懸命すぎてな ダウンしてしまいました
20180704 (23)

病院で 2日間 点滴してもらい
柊さんはとにかく 食べて体力つけて もらわんといかんので
1日3~4回 子猫用フード 

ひいらぎ母さんに 子育て まかせっきりだったもんなぁ


そうでなくても 体が小さいお母さんが
体が 大きくなった2匹の子猫たちが まだ 吸うおっぱいの量は 
かなりの量だろう。。。。。故に 柊母さんの「体重」もなかなか増えずにいてな
(子猫たちはもちろん もうカリカリもウエットフードも十分食べているのだけれど・・)

子供らが大きくなっても甘えん坊なのと 
ひいらぎ母さんは 授乳を全く嫌がるそぶりがない


のでお母さんにしっかり休んで体力を付けてもらうため
時間で 母さん と 葵ちゃん薫くん を分けることにした

薫君葵ちゃんは「ピーピー」大泣きし お母さんを呼び・・・・・
その声を聴いて柊母さんも 大声て鳴いて抗議し 戻ろうとする・・・・・
可哀想だけれど    ちょっと我慢してなぁ
お母さんの命にかかわるからな・・・・・。




いや しかし

もし あの時 家に連れて来ないで
あのまま あの場所に親子で居たら たとえ 運よく 事故では亡くならんとしても・・・・
十分栄養がとれん状態で 
ひいらぎ母さんが こんな かいがいしく子育てしていたら

・・・・・・・・・母子ともども ほんと危なかったな・・・・・・・


やっぱり 保護して良かったっと おばさん思うよ






さて げんちゃんは 少し食欲落ちました
でもこれは 
毎回 抗がん剤治療後1~2日は ちょっと食欲が落ちるのです

なので いつもの「黒缶」「純缶」  のほかに 子猫用フードで
また食欲が戻るまで 特別美味しい物で乗り切りります。

スポンサーサイト

コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック