FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2007年04月29日 (日) | 編集 |
29日現地にいた(私たちが確認できた子達)は
全て命をつなぐ事が出来ました。ありがとうございました。

しかし 今回の毛呂山の件表に出てきていない黒幕が・・
(今回の毛呂山繁殖場オーナー夫婦はある意味この黒幕に
騙されたのかもしれない・・・)
まだ現地には私たちが確認していない出来なかった
残っている犬達がいる・・・生まれたばかりの子犬もいるらしい
まさかこんな酷い仕打ちをし 
それでも尚 お金儲けをしようと考えているのか・・・
命ではなくお金儲けの道具とでしか扱われなかった犬たち
不衛生な場所で
いやだとも言えず何度も何度も御産をしいられ命を削るような生活
こんな過酷な生活をまた残った犬たちはしいられるのか・・・
不安でなりません・・・。
全国にこんな犬たちがいったいどれぐらいいるのだろう。
レスキューしても・しても・しても・・・・
こんな嫌な事件が減らないのは
私達犬たちを迎える側にも責任があるのかもしれません。
悲しいことにまるでアクセサリーのように簡単に犬を手放す方も多い
「また直ぐ新しい子を迎えられるから この子は要らない」っと
犬を迎えるという事はその犬の命を生涯守るという事です。
毎日の食事や1年に1度のワクチンや狂犬病予防接種
フィラリアの予防薬や ・・・
病気になれば獣医さんへ受診させる費用などなど・・お金も沢山かかります。
毎日のお散歩やブラッシングそんな日常のケアーにも時間が取られます
それに犬は初めから何でも出来る良い子のわけではありません
飼う側が しても良いこと悪い事をキチンと犬に教えてあげなければ
犬は何が悪い事なのか解りません。
多頭飼いとても楽しいものですが・・・費用も犬にかかる時間も
犬の頭数分増えるという事。
犬のために時間が作れますか?費用はどうでしょう?
10数年いきる犬たちの一生を責任もって世話が出来ますか?
迎える側もキチンと考えて犬を迎える事も・・・
不幸な犬たちを救う1歩なのではと思う
4ワンコ(今は5ワンコ)母さんです。

20070429175034.jpg
今は家には無くてはならない可愛い箱入り娘たち
20070429175606.jpg
そして シューバ 君もです。
がんばってカイカイ直して時間をかけ
少しずついろいろな事になれていこう


スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
え?、まだ?
こんばんは。
そうですか。現場へ行ってらしたのですね。
お疲れ様です。

で、え?、まだ確認できていない子がいるかもしれない?
そいでもって、まだ繁殖商売をするつもりでいる?

こーゆーのを取り締まる法律って出来ないのでしょうかねぇ。
2007/04/29(日) 20:53:55 | URL | ゆい #5eZ.BeeQ[ 編集]
ゆいさん こんにちわ
そうなんです。
いまこんな所が沢山で
ほとぼりが冷めた頃にまた再開そしてまた同じ状況に・・
いまの日本の法律体制ではなかなか阻止するのは
難しい・・・らしいです。
そんな状況なので・・・
悲しい事に結局いたちごっこなのかもしれません・・・。



2007/04/30(月) 17:46:39 | URL | チッチーズ #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック