FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2018年12月26日 (水) | 編集 |
今お手伝いに行っている外多頭飼い飼育の避妊手術のお手伝い現場より


風邪をひき 目ヤニや青っ鼻で 骨は悲しいぐらい浮き出ていて 
歩く事もままならない様子
体調が急激に悪くなったと・・・・・

体力が落ちているこの子が このまま 今まで通りの外生活で
この冬を超すのは 難しいと「判断」し
我が家で保護をすることといたしました
20181222 (13)20181222 (18)
保護後 そのまま病院へ

診断は

過度の栄養失調・・と・・・・・脱水があり
口腔内は炎症で赤くなり 痛みもあるはず
これでは きっとご飯も食べれなかったはず・・・
エコーでは腹水 が見られ 少し腎臓機能が悪いかもと
もしかしたらこれから先栄養状態が改善してゆけば
良くなる可能性もあるかもしれませんとのお話だった

とりあえず
抗生物質の注射と 点眼点鼻薬を処方してもらいました


とにかく今は 食事をとらせ 体力をつけさせる事が何よりも優先となりました



1日目 2日目
     もう動く元気がないのかな?
     排尿は寝たまま や 点眼するのに抱き上げると そのまま垂れ流し
     そのたびに全身濡れてしまうため
     おむつを使用
     水だけは ひたすら飲んではいるが
     食事は 口が痛いからか 少ししか食べれず 
     手で口の中を引っ掻いてしまうため出血あり
     爪切り をして なるべく口の中傷つけないようにしてみたが・・・・・・
     以前いただいた「にゃンセーター」が大活躍です。
     (これは「あさぎさん」も使わせていただいておりました)
     関連記事
20181224 (7)20181224 (6)


3日目 
     薬が効いてきたか・・・食事自力で まずまず食べだした
     口の中が痛く しきりに首を振ったり前足で口の中を引っかき出血が多い
     のは同じ 
     動けるようになってきて (おむつは使用せずOKになった)
     数歩歩いたり 食事や排せつをすると 疲れてしまい 
     ひたすらひたすら寝て過ごしている
     口腔内の痛みが強そうなので「アンチノール」開始してみる


4日目 食事カリカリをふやかしたものと この子を引き取るときにいただいた缶詰を
     半々で人肌ぐれえに温めて 1日3回(点眼点鼻も1日3回~4回)自給
     残さず食べるようになった
     目ヤニはほぼなくなってきたが鼻水は相変わらず
     「アンチノール」がうまい事聞いてくれているのかな
     手で引っかいて出血してしまう事も少なくなってきた
     保護して4日目 初めて排便あり 病院で検便 虫等はなく
     とりあえずは 体力回復だけに集中できるなぁ  後日再検      
     しかもイイうんちだった 保護してからな  嘔吐や下痢がないか心配だったけど
     大丈夫だったぁ 
     


5日目 でもって今日 朝初めてこの子の声を聴いた
     とても小さい小さい声だったけれど 
     飯食って ウンコシッコして 初めてこの子に会った時のように
     スリスリゴロゴロ でもって鼻はまだズビズビィ・・・・・が見れたぁ~~~
     このまま 状態が回復してゆきますように・・・・・・・・だな
 

少し安心しましたので初めてご紹介いたしました
あとはこの子の生命力にかけるだけ


名前はこれから考えま~~す
とりあえずの名前は「じー」

ゆっくりゆっくり
体力の回復を待ってできるようならばワクチン接種等の医療処置ができると良いなぁ
っと考えております。


さてさて 
今のこの子 鼻水や口が痛い為爪で引っかいてしまい血もついてしまうため
他の子達への感染予防のためもかねて
毎日 敷いているのもを交換 しています

そこで
使い古しのもので構いません
もしお家に使っていない 暖かい敷物がありましたら譲っていただけますと助かります
(ただし洗濯済みのものでお願いいたします)

また 口のなかの炎症があり痛みがあるため  硬いものが食べれませんので
お家の子が飽きてしまった 等 で食べなくなってしまった
缶詰(総合栄養食) が ありましたら譲っていただけますと助かります
今食べているのは「カルカン」「黒缶」です。


お願いばかりで申し訳ございません。。。。。




ああっ大事な事

避妊手術をした「葵ちゃん」は

スゲー元気です


手術後1~2日 

あ~~~~んなに仲良しだった 葵薫兄弟だったのに


病院の匂いがするせいかなぁ 側によると


おたがい「シャーーーーーー―」と猫パンチが炸裂しておりまして


一気に険悪ムード


その姿を冷静に柊母さんが見守る(笑)という摩訶不思議現象が起きておりました



えっと・・・・ちょっと冷静になって考えてみたまえよ 君たち
少し前の 柊母さんの時は二人共ダイジョブだったよねェ・・・・・・。



















 











    
     


     
     






スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック