FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2019年07月31日 (水) | 編集 |
27日(土曜日)夜7時犬たちの散歩で

黒猫を保護しました

左目は目ヤニで ふさがり
骨と皮だけ 毛は ぼそぼそ 歩くがフラフラで
少し歩いては立ち止まり・・・・その場でうずくまる
この状態でなければ きっと捕まえられんかっただろうて






ガリガリでボロボロだが
印象はとても若い猫のようでな・・・
20190731 (1)20190731 (14)
全身 マダニ ノミだらけ なので駆除をし
舌は真っ白貧血もありそうで 
お腹は かなり空いているはずなのだがなぁ
水も食事も一切手を付けず

ならばと
シリンジで少し流動食を食べさせてみたが・・・・・・

15cc程食べると吐いてしまった


以後様子を見て少量ずつ(3cc程)の流動食を 
数時間おきに飲ませて吐かせないように
この暑さなのに 冷えきっていた 体を温めて


翌日 病院へ


やはり餓死寸前で・・・・・  
胃に何も入っていない状態が長がかった為
胃が食べ物を 一切 受け付けられないのかもしれないと

皮下点滴に
吐き気止め ビタミン剤 等々 入れてもらい

風邪もひいていたので内服薬と目薬もだしてもらった
食事は変わらず少量を数時間おきになるだけ量を食べれるようにと

今の状態は  
今後 生き残れるかは・・・・五分五分 今は何とも言えないそうで
あとは この子の生命力次第だというお話だった


年齢は・・・
1歳未満の若い猫の可能性があるそうでなぁ



と   すると



葵ちゃんや薫君と そうたいして変わらない位 なはずなのだけれど
体重は 1.6キロ しかなく
葵ちゃん 薫君の 半分にも満たない体重だった
痩せてしまった「きよちゃん」よりも少ない



保護1日目 少しずつシリンジで(吐いてしまわないように)数時間おきに
        「ロイヤルカナンのクリティカル リキット」を 強制自給開始
        20190731 (3)


保護2日目 点滴が効いたのかな
        流動食1回15~20ccぐらいならば 吐かずに飲み込んでくれるようになり
        1日トータルで「クリティカル リキット」80ccほど摂取 嘔吐なし
        ただし シリンジで口に入れてあげないと一切自分から食べようとはしない・
        おしっこ2回あり

保護3日目 再度病院で点滴してもらう
        1日トータル「クリティカル リキット」80cc+チュール半分程摂取 嘔吐なし
        夕方 お皿に乗せたチュールを 初めて自力で一舐め
        少しずつ食欲が出てきたのかな?
        おしっこ2回あり
         
保護4日目 1トータル「クリティカル リキット」60cc+チュール1本+モンプチ白身魚のテリーヌ1口摂取
        嘔吐なし
        まだまだ 取ってほしいカロリーには保護遠いけれど
        少しずつ少しずつ 自分から食べようとしてきてくれているようです
        おしっこ2回あり

20190731 (5)20190731 (11)
この写真は保護5日目の朝6時のごはん時に撮影
 目ヤニはほとんど出なくなってきてはいる

        


少しづつ 自分で食事をとろうとして来てくれているが・・・・
・・・・・・まだまだ・・・まだまだ・・・・




とりあえず今は
少しずつ 体力が回復できるように
少しずつ 体重が増えるように
少しずつ 自分で御飯が食べれるように

まずはそれからだ








スポンサーサイト




コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック