FC2ブログ
捨てられてしまった子 置いていかれてしまった子 保護して保護していつの間にやら大家族の母ちゃん日記
2019年04月06日 (土) | 編集 |
小判 と ちびた ワクチン接種に行ってきた

今年も無事 ワクチン接種ができて よかったよかった

20190406 (2)20190406 (7)
小判にいさん おつかれさん

今回も終始よ~くおしゃべりになってたなぁ~~
しかも泣きすぎて だみ声交じりで みんなに笑われるほど(笑)
 
でも注射は 全くもって無反応 もしかしたら注射されてるの気付いていなかったのかもしれんが
いいこだったんだよねェ~~

目が離れてる いい顔を今回も先生に褒めてもらえたんだよねぇ
印象に残る顔はいい顔だ♪








20180914 (24)20180907 (34)
ちびた兄さん も お疲れさん

こちらは対照的に
気配を消して「おいらはだれにも見えない」の術をかけておられた
実際は 丸見えだけどねっ(笑)

今回も ワクチン接種で少しだけ副作用が出てしまうため
ステロイドの注射も併用してもらったでよ


ワクチン接種の副作用が怖いからワクチンは受けさせない
という方がいるけれど




病気 とか 重篤な副作用が出てしまう とか アレルギー反応が出てしまう
それは仕方がない事 どうしようもない事ですが

ただ漠然に副作用が怖いから で接種をさせんのはどうかな・・・・

副作用よりも ワクチンで防げる病気に 実際になってほうが怖いのだけれどなぁ

もし 副作用が心配ならば・・・・・

毎年ワクチン接種を受ける前に 病院で それぞれのワクチン項目の抗体が

あるかどうかを検査で調べてもらう事ができるそうで

抗体があるものにかんしては その年は接種しないという方法があるらしい



ただし血液検査代は (1回2万円ほど)これを毎年受けさせ

必要最低限の体に負担がないワクチン接種 回数にとどめることが出来るというもの

ただ漠然と怖がるのではなく

先生と相談して こうしたものを活用して ワクチン接種はさせないというほうが


より安全ではないかと 思うのだがなぁ  どうだろうね。。。。。。

























2019年03月26日 (火) | 編集 |
おんにゃ同士 きよちゃんとひのえちゃん

まっこと仲良きことかな
20171205 (14)
女子はかわええぇ~~ね
20171205 (16)
っと寄ってみたら・・・・・奥のお人・・・・・・・
薄目開けて しっかり見てた(笑)



20171205 (21)
 
ちなみにだけど

きよちゃんの 真面目な真ん中分けの髪型が 
おばさん的にはとてもいけてるとおもうの
2019年02月28日 (木) | 編集 |
昼間暖かくなったので すっかり油断していたら



猫たちどうし 仲良し組から徐々に風邪っぴきが広がりまして・・・





20181004 (11)
琥珀兄さんから始まり
20160108 (24)
ウニ吉兄さん
20180914 (32)
斑丸
20180528 (22)
マメ吉
20180914 (13)
留吉
20160229 (25)
小判にいさん


っと鼻水くしゃみ涙目連発だった約1週間

や~~~~~~~~~~っと

収まりつつあります


猫すぐに風邪をひくもので 油断は禁物だったのだが


飯食わんくなる前に皆復活してくれましたぁ


ああああああっーーーーーーよかった













2018年10月27日 (土) | 編集 |
猫が 団子になって寝ていることが増えてきたチッチズ家

今日は「琥珀」と「小判」のおっさん2匹の団子
20180929 (3)
なのだが・・・・・
20180929 (5)
なぜ?
20180929 (7)
こうなった?のか

なんだか
無理やりチューされるのを必死こいて止めてるようにも
見えなくもない(笑)








さて「げんちゃん」
昨日抗がん剤治療に行ってきました

201810041 (16)
201810041 (17)
今回もエエコに文句のひとつも言わず 治療を受けてくれました

ほんと いつも我慢強くて

待合室で 鳴いていた猫さんに「大丈夫?」っと返事するぐらい 優しくて

家で 掃除機かけるとな決まって「みんなぁ~~逃げてェ」っと
ケージから 大声でその他大勢に 非難を促す 

ゲンさんは ゲンさんは

本当に 泣けてくるぐらい すげー男前なのですよ・・・・。




アス コン太の会さん主催の譲渡会です
我が家から「ひいらぎさんご一家」が参加させていただく予定です
気になる方 ぜひ 会いに来てくださいませ。






2018年09月15日 (土) | 編集 |
今日は「げんちゃん」の抗がん剤と
「留吉」のワクチン接種に

病院さんへ行ってきました


留吉以前尿閉で入院してからというもの
病院さんへ行くと猫が変わる
凶暴留吉に大変身する故

今回は先生たちに万が一の事があってはなんねえっと
洗濯ネットに入れてった
したら「うおっ・・・・」と迫力あるけど ひと泣きするだけで   暴れず頑張ったァ~~

偉かったねぇ~~留吉ィ~~
やればできる男じゃ~~ん。。。。。。。。

20180914 (19)20180914 (22)
今年はちょっと春先に体調崩したけどなァ
それぐらいで
まずまず元気でいてくれてありがとなァ 留吉


留吉はいまだに寝るときは父ちゃんか母ちゃんにぴったりとくっついて
もふもふ毛布をチュパチュパチュウチュウせんと眠れん

可愛いところがあるおっさんです。。。。。。



ゲンちゃんは
20180914 (34)20180914 (34)
顔はだいぶ小さくなり
抗がん剤の副作用でな


ひげも左右合わせて6本ほど
首周りだいぶ剥げてしまったけれど


体重はさほど変わりなくいてくれていました


ハゲなんかそんな小さい事気にもせず


相変わらず おとこまえを貫いてくれています


まあ これから婿に出るわけでもない


一生我が家で「ゲンちゃん」が私に


もう十分生きてきましたっと伝えてくれるまで


お世話をさせてもらうと


おばさんは考えているからね






「げんちゃん」頑張れぇ~~~頑張れぇ~~~~~


癌なんぞ一緒にやっつけようなァ


おばさんにできる事は


きっときっと  小さい小さい事だろうなぁ


けれど それでも


どんなに うざがられようと 側で寄り添う事だけは できるはず


っと



私は思うのだけれどなぁ・・・・・・・




我が家に居る子達  そして


そして 今 命ある全ての子達に


こんな風に思ってくれる人が


この子の事を気にしてくれる そんな人達がいてくれますように


君の事を気にして 気にかけてくれる人が一人でも



どうか どうか どうか


側に いてくれますように・・・・・・・・・・



生きていて「ああぁ~~あったかいなぁ」っと思える瞬間が どの子にもありますように